アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「文学」のブログ記事

みんなの「文学」ブログ

タイトル 日 時
2011年公開 シェイクスピア大作 映画「テンペスト」& 浅田次郎原作 映画「日輪の遺産」 
2011年公開 シェイクスピア大作 映画「テンペスト」& 浅田次郎原作 映画「日輪の遺産」  日本列島に台風の嵐が吹き荒れ 通りすぎてゆきましたね!  皆さまのお住まいのところは大丈夫だったですか? 激しい風雨で落葉が早まったのではないでしょうか 朝見ると、色とりどりの葉が道にいっぱい 落ちていました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/11/01 18:15
探査機・はやぶさのように 五十嵐香代子、「Luminare いのちの詩、光のことば」刊行に寄せて
探査機・はやぶさのように 五十嵐香代子、「Luminare いのちの詩、光のことば」刊行に寄せて 今年の七夕は雨模様で終ってしまいました。晴れて天の川が見えた地域はあったのでしょうか? 6月13日、03年5月に小惑星「イトカワ」に向けて打ち上げられた日本の探査機「はやぶさ」が帰ってきました。 05年9月、イトカワに到着↓観測、離着陸に成功し、07年4月、地球へ帰還の途につきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/07/14 21:02
女性が竜退治をする時代? ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」 
女性が竜退治をする時代? ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」  ゴールデン・ウィーク中にティム・バートンの「アリス・イン・ワンダーランド」を娘と一緒に観ました。3Dの眼鏡をかけて。 この映画は、ディズニー映画ですので、ディズニーがむかし制作したアニメの「不思議の国のアリス 原題 Alice in Wonderland 」の続編というかたちで作られています。ということは、ルイス・キャロル(Lewis Carroll 1832〜1892)の原作( 不思議の国のアリス:原題 Alice's Adventures in Wonderland )から離れた別作品である... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/05/11 18:53
新刊絵本「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治・清川あさみ)&ダイアモンドの海は宇宙に存在する!  
新刊絵本「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治・清川あさみ)&ダイアモンドの海は宇宙に存在する!   宮沢賢治の不朽の名作、「銀河鉄道の夜」には、 宝石、天然石が、まるで星々が夜空を彩るように 光彩をはなち、キラキラ輝いています。 銀河ステーションには 無数のダイアモンド(金剛石)。 天の川をゆく汽車の窓からは、 トパーズ(黄玉)、ルビー(紅玉石)、水晶、 黒曜石、サファイア(青宝玉)。 青白い光を出す鋼玉はスター・サファイア。 すばらしい紫のりんどうの花は月長石。 これは薄紫のムーン・ストーンでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 1 / コメント 16

2010/01/23 08:26
ボルヘス「砂の本」と砂のアート(サンド・アート:Sand Art)
ボルヘス「砂の本」と砂のアート(サンド・アート:Sand Art) もしもある本が、見知らぬアルファベットで書かれているとすれば、そしてどのページも、新たなページをめくったあと、元のページに戻ると、そのページの文字はとどめなく流れる流砂のように消えうせ、そこにはまったく新たな内容の事柄が書かれている。 そんな変幻自在な泉のごとく無限に「知識」が沸き上がる「砂の本」があれば、あなたは買い求めるでしょうか? さらに、「砂と同じくこの本には、はじめもなければ終りもないのです」。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/12/05 17:11
蛍の歌  盛夏に寄せて 
蛍の歌  盛夏に寄せて  蝉が朝から鳴いています。 夏、真っ盛り! 毎日、何回、「暑い」と言うやら。 じつはデジカメが壊れ、修理中です。そのため、夏にふさわしい「蛍」を詠んだ歌を少しご紹介したいと思います。 私が知っているのはごくわずか。 有名なものぐらいしか知りません。 たぶん皆さんもよくご存知の歌だと思います。 「歌」は、ポップスではなく、和歌、短歌、俳句の意味です。 よろしければ皆さんの好きな歌も教えてくださいね。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/09 15:13
映画 「ジェーン・オースティン 秘められた恋 Becoming Jane 」 
映画 「ジェーン・オースティン 秘められた恋 Becoming Jane 」  イギリスの作家、ジェイン・オースティン( 1775 -1817 )の若き日の恋を描く 2007年のイギリス映画 「ビカミング・ジェーン:Becoming Jane」。 18世紀末のイギリス南部、ハンプシャーの村スティーブントンが舞台です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 17

2009/01/31 10:04
体が香る人 源氏物語 薫の君のような人は実在した?
体が香る人 源氏物語 薫の君のような人は実在した? 源氏物語、宇治十帖の主人公のひとり、薫の君( 薫大将 )。 その名のとおり、身体からかぐわしい芳香を放つ貴公子です。 彼の場合、香をたきしめた衣が匂うのではなく、身体じたいがこの上なくすばらしい香りを放ちます。 物語とはいえ、不思議な人ですね。 こうした人を古代中国では、<挙体芳香/異香>の人と呼びました。そして歴史上、薫の君のような人がじっさい存在していたようです( まあ現代に生きているわけではないので、伝説の霧におおわれている部分も多々ありますが・・・ ) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 12

2009/01/16 08:28
「星の王子さま」のバラは誰のこと? サン=テグジュペリ 伝説の愛
「星の王子さま」のバラは誰のこと? サン=テグジュペリ 伝説の愛 「星の王子さま」に出てくる王子のふるさとの星のバラ、とても印象的です。 おしゃれで無邪気、四つのトゲがあり、しきりに咳をするバラ。 王子を困らせるバラ。 バラはこの話のヒロインです。 王子は最後、バラの待つふるさとの星になんとしてでも帰ろうとするのですから。 バラとは一体なんなの? モデルがいたのでしょうか? 私が「星の王子さま: Le Petit Prince」にはじめて出合ったのは高校2年のとき。 英語のクラスでは、副読本として英語版の「星の王子さま:The Little Princ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 9

2008/12/01 06:32
ジェイン・オースティン DVD 「高慢と偏見」 VS 「プライドと偏見」 Jane Austen @
ジェイン・オースティン DVD 「高慢と偏見」 VS 「プライドと偏見」 Jane Austen @ 男と女が出会い、批判的な目でお互いを観察。女は男の高慢/尊大な態度に反感をいだいてしまう・・・・やがて互いを知り合う機会が増えるものの、当初いだいた第一印象は偏見となり、相手に対して公平な見方ができない・・・ところがそれをくつがえす出来事が起きて・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/10/28 13:17
須磨に流された光源氏のモデルは? 源氏物語千年紀 ( 2 )
須磨に流された光源氏のモデルは? 源氏物語千年紀 ( 2 ) 八月、海水浴でにぎわう須磨の海。 JR須磨駅から6分ほど歩いて坂を少しのぼると、現光寺というお寺があります→  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/09/06 10:13
虎屋 和菓子展と大和源氏 そして源空とは?
虎屋 和菓子展と大和源氏 そして源空とは? 今年2008年は、紫式部の源氏物語誕生、一千年の記念の年です。京都を中心に全国で、数多くの源氏物語関連の記念行事や講演会、講座などが開催されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 13

2008/06/08 10:35
夢枕獏の描く西行 B 「宿神」とは?
夢枕獏の描く西行 B 「宿神」とは?  忙しい日がつづき、ブログの更新ができないでいるうちに、朝日新聞朝刊の夢枕獏氏の連載小説、『宿神』が19日で終わってしまいました。(少しネタばれがあるかもしれません。未読の方はご注意ください) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/09/30 15:00
夢枕獏の描く西行 A  宿神 「精霊の王」
夢枕獏の描く西行 A  宿神 「精霊の王」  西行法師像(MOA美術館)    夢枕獏氏の『宿神』(朝日連載中)を読むうちに、主人公の西行のことが知りたくなり、好奇心からあれこれ読むようになりました。    ふつうの日本人なら、西行に出会うのは、高校の古文のクラスではないでしょうか。私も例外ではありません。万葉、古今などの歌を勉強し、西行にたどりつくと、おおかたの古文の先生は、「桜と日本人」とか「花の散り際にみる死生観」なんて話を、ボルテージを上げて熱っぽく語られるようです。けれど、多くの生徒は、「歌聖」と呼ばれる西行を、自分には... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/30 14:33

トップへ | みんなの「文学」ブログ

時空を超えて 文学のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる