時空を超えて

アクセスカウンタ

zoom RSS 平山郁夫展 at 百段階段  昭和の龍宮城、目黒雅叙園 創業80周年 

<<   作成日時 : 2009/03/04 18:42   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 12

昭和の龍宮城として名高い目黒雅叙園。 限定公開が多く、中々見る機会のなかった昭和の保存建築、
「百段階段」で、創業80周年記念の平山郁夫展が開催されていると知って、友人と見に行きました。 
平山郁夫美術館から出品された約50点が、「百段階段」で結ばれた龍宮城さながらの各部屋に展示されています。

画像

               ↑は「天かける白い橋」 瀬戸内しまなみ海道 2000年

今回の展覧会では、日本各地の美しい風景の素描に、平山画伯独特の澄んだ深い緑色、群青、碧色の水彩に彩られ、観る者をほっと癒します。 本画としては、上のパネルの画、「瀬戸内しまなみ海道」の大作以外にも数点出品されていました。

茜色に染まる吉備路の夕暮れ、清冽な緑に映える出雲の須我神社、浄土を彷彿させる仏たち、深緑の木立にたたずむ中尊寺金色堂・・・  などなど  絵葉書を買いました ↓

画像


シルクロードを題材にした絵は出品されていませんでしたが、日本の自然がかもしだす深いみどりと海の群青を基調とした作品は、日本人の心の琴線にふれ、郷愁をかきたてます。 良かったです!

画像さて、会場となった雅叙園の百段階段。 昭和10年( 1935 )年に建てられた木造建築で、ケヤキの厚板の階段が果てしなくつづいています(本当は99段) →  
天井には華麗な草花が果てしなく描かれています
百段階段とそれに接する6部屋は国の登録有形文化財


画像 清方の間 天井 部分 
 鏑方清方の部屋です。 
 美人画で埋めつくされ・・・
 うっとりする内掛けが展示され・・
 ここには画伯の作品はなし

                                   ↑写真 雅叙園HPより




階段で結ばれた各部屋は、当時最高のアーティストたちにより見事な装飾がされています。蝶貝をはめこんだ螺鈿(らでん)、ゆたかな色彩の日本画が天井まで飾り、くわえて浮き彫り彫刻、精巧な建具。 しかもそれぞれの部屋はすべて趣向が異なります。 豪華絢爛(けんらん)! 息を呑みますよ!

桃山風もあれば、日光東照宮系列、歌舞伎風、元禄風もあります。 なんと表現したらいいのでしょう?

画像

   漁樵(ぎょしょう)の間 (絵葉書より)  ←この部屋には展示作品はなく、部屋の鑑賞のみ。

旧木造館にある漁樵の間は、「千と千尋の神隠し」の湯屋の部屋のモデルなんですって! 全面が金箔張り。 超派手。 あ然とします。 悪趣味だという人もいますが・・・・雅叙園が結婚式場であることを考えれば、 その昔、ハレの日、華やかな部屋でド派手に寿ぐのも、龍宮気分が味わえてみんな楽しかったのではないでしょうか? 異次元っぽいお部屋です。

現在は見学だけですが、かつては祝いの宴に人々が集い、「高砂や〜〜」と唄い、舞ったことでしょう!

雅叙園は、元々、立身出世の創業者・細川力蔵が、1931年(昭和6年)に目黒に開業した料亭で、国内最初の
総合結婚式場でした。 太宰治の小説『佳日』にも登場しています。

画像 1991(平成3)年の全面改築されました。 保存されている旧木造館をあとに、新館に行くと、
 これまた口があんぐり。 新龍宮城なのです。 その徹底ぶりに頭が下がります。 ここまでやるかぁ〜と舌を巻きます。

画像


雅叙園は数多くの絵画などの美術品(数千点)を併設美術館に所有していましたが、創業者・細川力蔵亡き後、
2002年に経営破綻したおり、美術館は閉鎖され、作品群は散逸してしまいました。 旧木造館の各部屋にほどこされた絵画、彫刻などは、剥がすことができないので、残ったんだそうです。

その後、(株)目黒雅叙園として再建されました。 2004年、この経済危機にもかかわらず株価が右肩上がりの、海外でも結婚式場を展開するワタベ・ウエディングの傘下に入っています。 見学した日は平日でしたが、婚礼以外のお客様でいっぱい。 ランチに中華をいただきました。 とてもおいしかったです。


画像
画像


百段階段での展覧会、楽しかったです。 ただですねぇ〜〜〜、龍宮城と平山画伯の絵という組み合わせ、ちょっとヘンテコリン。 かなり奇想天外な感じがしましたけど・・・・ まあ、二つ楽しみが味わえるので、お得感はたっぷりですが・・・(笑)  そして今回、龍宮城はおとぎ話の海の中ではなく、目黒に存在することがよくわかりました。


百段階段のyoutube 映像です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考

「平山郁夫展 at 百段階段」

開催期間  2009年2月14日(土)〜3月31日(火)    開催時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入場料 1名様 1500円  前売り券 コンビニなどで1200円

会場    目黒雅叙園 昭和の保存建築・百段階段   
       〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1  Tel:03-3491-4111
      目黒駅から行人坂下り徒歩3分。権之助坂経由で徒歩5分。


平山郁夫展 at 百段階段 HPへ

目黒雅叙園HP

平山郁夫美術館

目黒周辺 関連記事■ 夢を食べる獏像 羅漢像 目黒五百羅漢寺 ■へ


前の記事へ

展覧会関連記事■ 月光の美 加山又造展 へ

桜の美 河合玉堂「行く春」〜東京国立近代美術館■へ





   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京紀行
年に1度くらいは東京に行きます。東京にも古き良き文化はたくさんあります。 今回訪 ...続きを見る
和歌を訪ねて
2009/03/21 11:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
んまあ!素晴らしいですね!!!!!!

こちらにもこないかしら?


やーしかし
そこで見るのが趣がありよいのかもしれませんね!
モニカ
2009/03/05 21:34
こんばんは

平山郁夫展は各地で時々やっているので、そちらにも、また違った作品で開催されるかもしれませんね。 今回は大規模なものではなかったです。 50点ぐらいだから。

たしかに趣ありすぎでしたよ(笑) コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/03/06 00:08
お早うございます。
平山郁夫展。ブルー・グリーン系の澄んだ色調には癒されます。
シルクロードの絵が加われば、さらに目のコヤシになったでしょう。残念。
雅叙園との組み合わせは、おっしゃるように ?の感じがします。ミスマッチの意外性もなくはないようですが・・・
minoc
2009/03/07 11:09
目黒雅叙園は、椿山荘、明治記念館などと並んで純和風の結婚式場として有名ですが、わたしは一度も行ったことがありませんでした。先日、娘がブライダル系の就職説明会で目黒雅叙園に行ってきて、「とっても素敵なところだった。」と
話してくれたことを思い出しながらこの記事を読ませていただきました。
是非一度行ってみたいな。ティーラウンジ(だとおもいますが)の写真、椿山荘のラウンジと雰囲気が似ています。
MOKO
2009/03/07 13:02
minocさん、こんにちは。今回の平山展は日本の風景がテーマだったようです。
水彩のものが多かったです。 シルクロードのを見たかったのは事実ですが、テーマがちょっとちがったようです(笑)

おっしゃるように竜宮城との組み合わせの意外性、楽しめました。雅叙園は経営方針でしょうか・・・百段階段がウリで、各地発のバスツアーを受け入れています。私たちが帰る頃、第一陣がやってきました。 あんなにお客様がたくさん、百段階段やらお部屋を見学すれば、建物維持の上で大丈夫なのかしら?とも思いました。 コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/03/07 13:17
MOKOさん、こんにちは。お嬢様、そうでしたか。椿山荘の庭園もステキですね。
雅叙園は今回、少し書くにあたり調べたのですが、ワタベ・ウエディングの完全子会社なので、経営の面は今はまったく問題ないようですよ。神戸の異人館で有名なサスーン邸も雅叙園グループで、洋式の結婚式場として傘下になっています。その他にもいろいろ・・・
雅叙園の新館ティーラウンジは、大きな滝のある庭園に面していて、とても開放的で明るく感じよかったです。 もし機会があれば就職のご参考にぜひ・・・

コメントありがとうございます。

☆サファイア
2009/03/07 13:25
サファイアさん こんばんは。
豪華絢爛。
『息を呑む』のコトバが まさにぴったりですね!

雅叙園は知人の結婚式で訪れたことがありましたけど
いろんなお部屋をこんな風に見るのは初めてです。

今日は非会員用のコメント欄もあってよかったです〜ヾ(=^▽^=)ノ
ピュア
URL
2009/03/07 18:56
ピュアさん、こんばんは。 ハイ、豪華絢爛でした。

結婚式にご出席でしたら、きっと新館のほうだろうと思います。新館の上階のほうに能の舞台があるのですが、そのお部屋がある一角はどこのおとぎ話に迷いこんだんだろう、と思うほどでした。 

なんかコメント欄でご不便をかけたようで申し訳ないです。 時折ウエブリブログ不調です。 コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/03/07 23:07
すばらしいですね。
今月は白金の某大学の同窓会の会合がありまして上京する予定です、目黒は近いのでぜひ行ってみようと思います。
情報ありがとうございます。
kazu
URL
2009/03/08 21:48
kazuさん、こんばんは。そうですか、上京されるんですね。 お時間があれば、ぜひ。 できたら、開館早々がいいと思います。お昼すぎからバスツアーがやってきますから。 それから私、ここの近所の五百羅漢寺にも行ったのですが、羅漢像がとてもよかったです。 kazuさんの予定に間に合うかどうかわかりませんが、記事を一個あげるつもりです。良かったら雅叙園からとても近いのでお時間があれば・・・忙しくて中々ブログに時間がとれません。
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/03/08 22:22
行ってきました、平山郁夫展。よかったです。
目黒にこんなところがあったんですね。

おかげさまで楽しめました。ありがとうございました。
トラックバックも送らせてもらいました。
kazu
URL
2009/03/21 11:08
kazuさん、TBありがとうございました。雅叙園にいらした記事、読ませていただきました。 目黒からは白金、歩くには少し遠いかもしれませんね。 私の記事が少しだけお役に立ったようでとても喜んでおります。コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/03/21 17:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平山郁夫展 at 百段階段  昭和の龍宮城、目黒雅叙園 創業80周年  時空を超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる