箱根・芦ノ湖に龍あらわる! ガラスのアート 箱根ガラスの森美術館

画像小さな灰色ガラスのドラゴンが巻きつく
透きとおったワイン色のゴブレット 
杯にはきれいなレース模様 
イタリアのヴェネチアで19世紀末につくられたそうです 
箱根ガラスの森美術館の「レースとレースガラス展」の
出口ふきんに、それはひっそりと展示されていました

繊細なレースの模様をガラスに描いたレースガラスの美品です

イタリア・ヴェネチア・ムラーノ美術館所蔵  

なぜか特に心惹かれました。右はその絵葉書です 

上から、左右横から、ひと時眺めていました
可愛い灰色のドラゴンの部分が、ゴブレットの脚になっています

そして翌日の早朝、ドラゴンに、いえ、龍に芦ノ湖で出逢いました。 
前日見たこのドラゴンの化身かもしれませんね(笑)  
それとも、芦ノ湖に棲む龍さんなのでしょうか? 
芦ノ湖は以前記事に書いたことがありますが、九頭龍神社があり、
龍が棲んでいるとの伝説があります。 どうぞお笑いください。アホな話を。

ジャジャジャジャーン! 芦ノ湖に龍あらわる!

早朝五時  夜明け前に目が覚めました。お天気はどうかな?とベランダへ出ると、霧が立ちこめています。 芦ノ湖は静けさにつつまれ、一面水墨画のような世界。 向こう岸の丘陵では霧が沸き立ち、西から東へ、流れてゆきます。  

画像


時間がたつと、ほのかに明るくなりました。やがて霧は雲となって厚みをまし、その中から細長い雲があらわれました。 そして東へ粛々と進んでゆきます

画像


ついに龍が姿をあらわしました!夜明けの光に染まる空で咆哮しています!

画像


雲龍が通り過ぎると、風がヒューヒュー吹き荒れ、霧をかき消します。 そして富士山が姿をあらわしました!

画像

アホな話にお付き合いくださり、ありがとうございました(笑) 今回は龍は一頭だけでした。 前回芦ノ湖では、霧が深くさらに強風。 芦ノ湖上空をいくつも霧(雲)の帯が乱舞する光景に出あいました。 うす紫と金色の残光のなか、九頭、あるいは九つの頭をもつ龍たちが舞っているようでした。 (夕食時、食堂にいたため写真が撮れず残念!)

画像



画像もうかなり前の話で恐縮ですが、先日の連休
箱根へ出かけました。 
行きの東名は恐いような土砂降り
前が見えないほどザーザー降っていました
予報では関東全域大雨! 
困ったなぁ!どうしましょ? と思いながら・・・・・
ところが、これは本当に不思議なのですが
私、スーパー「晴れ女」(笑) 
現地に着くと、雨が上がっていました 
山の天気はほかとは違うそうですが・・・・

お好きな方はフォーレの無言歌3番と
一緒にガラスのアートと箱根の秋の花々をご覧ください




箱根ガラスの森美術館へまず行きました。 最初の予定では、先に大涌谷へ行くはずでした。 まっ黒い温泉玉子(娘がいつも食べたがります)を目指して! けれどまた雨が降りだすかもしれないので、美術館なら屋根があるな?と予定を変更しました。 


画像


雨上がりの山々が清々としています。「霧たちのぼる秋」に違いありませんが、紅葉はまだ先。 

画像


コスモスの花がガラスの草木の間で咲いていました

画像


箱根ガラスの森美術館は、ヴェネチアン・グラス専門の美術館です。 ガラス庭園と呼ばれる広い庭には、ガラスのアートがそこかしこにあり、きれいです。

画像
                           クリスタル・ガラスのススキが100株ほど

画像


画像


私、いつも感心するのですが、箱根は、雨が降っても楽しめるようになっていますね。 史跡、湖や高原、湿原、山、温泉に恵まれているだけでなく、さまざまな美術館がたくさんあります。その数はハンパではありません。質の高い施設が多く、リゾート地としてとても工夫されていると思います。 

画像


画像


画像


画像 ガラスの森のカフェ・レストランでは
 ランチに合わせてカンツォーネが
 数曲歌われます。 

 そんな催しがあるとは知らずに
 レストランに入ったので
 ビール樽のお腹のイタリア人が歌いだしたときには
 それは驚きました! 楽しかったです。







画像「レースとレース・グラス」展では
イタリア・ヴェネチアで生まれた
レースとレース・グラス 約100点が展示されていました。

ヴェネチアのムラーノ島ガラス美術館からも多くの出展が・・・
レースの紋様をもつ繊細なガラスの器の数々 
とても美しかったです。

画像レース・グラス樽形酒器 17世紀 ヴェネチア
(左)

画像
                    レース・ガラス水差 16世紀 ムラーノ美術館


ガラスの森の現代ガラス美術館では、アメリカの人間国宝、デイル・チフーリ(Dale Chihuly)のカラフルな作品が・・

画像


画像


また現代イタリアのガラス造形家、リヴィオ・セグーゾ(Livio Seguso) のスタイリッシュな作品も

画像


箱根では萩も咲いていました。 赤紫と白のこぼれように咲く萩の花。 風に吹かれようすが風情ありますね。

画像


画像


画像

画像


画像


画像


画像


画像


箱根といえば、海賊船。 子供は海賊船が好きです。 ええ? 親もこれが好き? なぜか海賊船を見るとわくわくします。 漫画、「ワンピース」が人気があるのわかります。 芦ノ湖のグランド・ラインへ・・いざ出航!

画像


そんなこんなで雲龍さんに出逢えた箱根の休日でした。

画像
                           噴煙を上げる大涌谷

画像


画像




関連記事 箱根九頭龍神社を訪ねて 龍の起源は? へ

前の記事 御茶ノ水 ニコライ堂を見学 日本最大のビザンチン様式建築 へ

次の記事 聖武天皇と光明皇后の壮大な夢 東大寺・大仏ー天平の至宝ー展 へ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック