アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「美術」のブログ記事

みんなの「美術」ブログ

タイトル 日 時
「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展 サントリー美術館 
「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展 サントリー美術館  秋の雲を写しこんで 青天に突き立つ摩天楼  建物じたいが秋のオブジェとなっています 東京ミッドタウンのサントリー美術館で開催中の 「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎」展 に立ち寄りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 24

2010/12/03 23:19
上村松園展 東京国立近代美術館  ―上村松園という生き方―
上村松園展 東京国立近代美術館  ―上村松園という生き方― 竹橋の東京国立近代美術館で開催中の 「上村松園」展をのぞいてきました。 上村松園(1875-1949)過去最大級の回顧展です。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 1 / コメント 30

2010/09/11 23:08
モネ、ジヴェルニーの庭 ボストン美術館展とオルセー美術館展2010 
モネ、ジヴェルニーの庭 ボストン美術館展とオルセー美術館展2010  1883年、「光の画家」として知られる、印象派の画家クロード・モネ(Claude Monet: 1840-1926)はパリの西約70km、セーヌ川 が近くを流れる小さな村ジヴェルニーに移り住みます。モネ、43歳。 ジヴェルニーに居を構えたモネは、「睡蓮」の連作なと、晩年の名作を次々と生み出します。緑のしだれ柳が睡蓮の池の緑をさらに深め、庭には色とりどりの花が咲き乱れ、アトリエ兼住まいが静かにたたずむモネのジヴェルニー。 周囲には牛が放牧され、とてものどかな村です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/05 10:07
ステキな建物探訪 @ 東京・美術館編 国立新美術館・根津美術館
ステキな建物探訪 @ 東京・美術館編 国立新美術館・根津美術館 四月になっても雨ばかり。花冷えの日々がつづいています。今日は快晴。桜が風にはらはらと舞い散っています。皆さまのところの桜はどうでしょうか?さて、どなたも時おり、ステキだなぁ!と思う建物に出合われることと思います。今回、たまには建物を取り上げることにしました。 まずは東京の美術館を。 芸術と呼ばれる「美しい術」のものを収蔵し、展示しているのが美術館ですね。展示や収蔵品にふさわしいステキな建物に出あうと、やはり嬉しくなるものです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/09 23:58
秀吉に選ばれた絵師 長谷川等伯展 東京国立博物館
秀吉に選ばれた絵師 長谷川等伯展 東京国立博物館 まばゆい金の地に勇壮に松の枝がのび、四季の草花があでやかに咲き乱れる金碧画の世界。 一方で、深い霧の中にほのかに浮かび上がる松林。 華麗な色彩と墨の繊細な濃淡。安土桃山時代の巨匠、長谷川等伯( はせがわとうはく 1539-1610 )の描く世界は、万華鏡のように変幻自在!仏画、肖像画、山水花鳥画、多彩なテーマを華麗に、豪放に、精緻に、描きつくす等伯。 戦国の世を生きぬいた等伯の没後400年を記念する、東京国立博物館で開催中の「長谷川等伯」展。 それはまさに息をのむ驚異の世界です! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 28

2010/03/13 20:09
ゴッホの「バラ」は何を語るの? 三月、ミレーの「水仙とスミレ」に寄せて
ゴッホの「バラ」は何を語るの? 三月、ミレーの「水仙とスミレ」に寄せて 国立西洋美術館が所蔵するゴッホの「バラ」。 1889年の作品。 昔、バラの季節にこの絵を見ました。遠くから眺めると、薄紅のバラの群生は、まるで白くうねるように渦巻くように、緑の野原で美しく咲いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/03/11 09:48
輝く正倉院宝物 「皇室の名宝」展 2期 東京国立博物館
輝く正倉院宝物 「皇室の名宝」展 2期 東京国立博物館 シルクロードの終着点とも呼ばれる正倉院。  御即位20周年の今年、奈良での正倉院展は、たいへん華やかだったと聞いています。 東京国立博物館で開催中の「皇室の名宝展」の第二期目、PART 2へも、正倉院宝物から名品が数多く出品されています。11月12日から29日までのほんの2週間ほど、上野の博物館で、いにしえの正倉院御物にくわえ、平安、鎌倉、江戸時代の皇室ゆかりの名作が、これまでにない規模で展示されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 1 / コメント 10

2009/11/16 08:08
皇室の名宝展 日本美の華 永徳、若冲、大観、松園まで 東京国立博物館
皇室の名宝展 日本美の華 永徳、若冲、大観、松園まで 東京国立博物館 会場に入るとすぐ、狩野永徳の大屏風 「四季草花図」の目を見張る華麗さ、そしてあの「唐獅子図」の 圧倒的な迫力に息を呑みます。  東京国立博物館平成館で開催されている 特別展「皇室の名宝 日本美の華」。 天皇陛下御即位20年を記念してのこの展覧会では、 皇室に伝わる御物をはじめ、宮内庁所蔵の諸作品のなかから 特に名高い名品が選ばれ、出品されています。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 12

2009/10/13 08:05
カモメの歌  北斎とターナーの「大波」に飛ぶ鳥は?
カモメの歌  北斎とターナーの「大波」に飛ぶ鳥は? 夕暮れの空に群れ飛ぶカモメ。 かつては、メタルのオブジェのカモメではなく、本物のカモメがここを飛び回っていたことでしょう。 海を埋め立ててつくった広大な副都心・幕張。 幕張メッセの前の「水と彫刻のプロムナード」。メッセの会場を出ると、もう陽が西に傾いていました。 九月が過ぎ、十月の声を聞けば、陽の入りはどんどん早くなります。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 18

2009/10/03 09:56
感動! ゴーギャン展  東京国立近代美術館
感動! ゴーギャン展  東京国立近代美術館 八月早々に、竹橋の東京国立近代美術館で開催されている ゴーギャン展を見に行きました。その時の記事の 書きかけを忙しくなり放り出していたのですが・・・やっと。  今回のゴーギャン展、彼の最高傑作のひとつ、 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」  アメリカのボストン美術館蔵が、国内初公開されるとあって、 竹橋の美術館、大変な熱の入れようです。  東京駅と美術館を結ぶ黄色のシャトルバスまで運行しています。 ああ、びっくり。 あの可愛いバスに乗ってみたかったです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 8

2009/08/16 09:04
楽しい箱根彫刻の森美術館 ヘンリー・ムーアの彫刻 
楽しい箱根彫刻の森美術館 ヘンリー・ムーアの彫刻  いくつもの巨大なヘンリー・ムーアの彫刻、箱根彫刻の森美術館に野外で展示されています。 セキュリティー、大丈夫なの? と思わず心配してしまいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/19 14:21
六月、雨の日はブルー? ! 浮世絵の中の雨の情景   
六月、雨の日はブルー? ! 浮世絵の中の雨の情景    梅雨入りしましたね。 私はけっこう雨のこの季節好きです。 箱根の関、以西と比べると、関東は梅雨時は涼しいです。  ひんやりしている時すらあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 14

2009/06/20 23:16
妖精の庭  絵の中の魅力的な妖精たち
妖精の庭  絵の中の魅力的な妖精たち 皆さま、いかがお過ごしですか? いつも読んでくださって本当にありがとうございます。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/14 19:16
この伊万里、誰が作ったの?無名の陶工たち 足利市 栗田美術館
この伊万里、誰が作ったの?無名の陶工たち 足利市 栗田美術館 誰が、この見事な伊万里のオウムを作ったのでしょう?  製作者の名は残されていません。  展示されている伊万里の華麗さ、鍋島の気品ある美しさにハッと息を呑み、 魅入られます。 しかし、現存する名品のほとんどは、 誰が作ったのかわからないのです。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/09 22:24
シルクロードの金きらめくアフガニスタン秘宝展 古代バクトリアがよみがえる
シルクロードの金きらめくアフガニスタン秘宝展 古代バクトリアがよみがえる かつて、現在のアフガニスタン北部には豊かな「バクトリア」という王国がありました。 代表的なヘレニズム国家です。 そして現在、バクトリアの財宝をふくむ、「アフガニスタン秘宝展」が、アメリカの美術館を巡回中で、大きな注目を集めています。 それは金きらめくアフガニスタンの秘宝。 ああ、この展覧会、日本にも来てほしいなぁ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/04/25 17:41
桜の美 河合玉堂「行く春」 菊池芳文「小雨ふる吉野」 東京国立近代美術館 「近代日本の美術」展
桜の美 河合玉堂「行く春」 菊池芳文「小雨ふる吉野」 東京国立近代美術館 「近代日本の美術」展 桜を描いた名画、河合玉堂の「行く春」、菊池芳文の「小雨ふる吉野」が展示されていると聞いていた折りしも、お昼の予定にドタキャンが入ったので、竹橋の北の丸公園にある東京国立近代美術館に足を運びました。       所蔵作品展「近代日本の美術」。 なんとここは館内撮影を許可しています。 それにチケットはたったの420円。 展示作品の質を考えると、感激の料金設定です。 それにくわえ、とても空いていました。 人ごみが苦手なので、ラッキーでした。 みんなお隣の山種美術館の「桜さくらサクラ・2009展」のほ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2009/03/20 22:15
月光の美 加山又造展  国立新美術館 
月光の美 加山又造展  国立新美術館  乃木坂近くに用事があったついでに、 国立新美術館で開催中の加山又造展を見てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/01/24 13:39
金きらめく仏像 スリランカ展 晩秋の上野公園
金きらめく仏像 スリランカ展 晩秋の上野公園 先日、上野の東京国立博物館、表慶館で開催されていた、「スリランカ展ー耀く島の美に出会う」をのぞいてきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/12/05 19:44
2008年 大琳派展 −継承と変奏 − 秋の東京国立博物館
2008年 大琳派展 −継承と変奏 − 秋の東京国立博物館 四季に恵まれた日本の山野。 季節のめぐりのなかで咲く草花70種。 会場に入るとすぐ、大きな大きな屏風(6曲1双)に描かれた俵屋宗達( 生没年不詳 )の草花たち:「四季草花図」↓が出迎えてくれます。  秋の東京国立博物館の「大琳派展」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

2008/10/18 17:45
上野の森に金塊が!「金GOLD 黄金の国 ジバングとエルドラード展」 国立科学博物館
上野の森に金塊が!「金GOLD 黄金の国 ジバングとエルドラード展」 国立科学博物館 蝉しぐれの上野の森を歩いて、国立科学博物館へ向かいます。 森の緑陰を涼風が吹きぬけ、一瞬、炎暑を忘れます。目指すは「金GOLD  黄金の国 ジバングとエルドラード展」  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/08/02 16:15
白百合の花が咲く頃  カサブランカ開花
白百合の花が咲く頃  カサブランカ開花  白百合が咲きました。 昨日までつぼみだったのに、純白の花びらをそっと開いています。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/07/13 08:58
ガラスの芸術家 エミール・ガレ展  サントリー美術館
ガラスの芸術家 エミール・ガレ展  サントリー美術館 ミッドタウンの近くに用事があったので、サントリー美術館のエミール・ガレ展 <ガレとジャポジズム> をのぞいてきました。 ガレの作品は大好きです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

2008/03/27 22:57
絵画館の壁画に見る幕末・明治の歴史、神宮外苑の秋  
絵画館の壁画に見る幕末・明治の歴史、神宮外苑の秋    神宮外苑の銀杏並木の黄葉は見ごろかな?と東京ドームのイベントをのぞいた後、信濃町でJRを降りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/08 01:01

トップへ | みんなの「美術」ブログ

時空を超えて 美術のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる