アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「龍」のブログ記事

みんなの「龍」ブログ

タイトル 日 時
箱根・芦ノ湖に龍あらわる! ガラスのアート 箱根ガラスの森美術館
箱根・芦ノ湖に龍あらわる! ガラスのアート 箱根ガラスの森美術館 小さな灰色ガラスのドラゴンが巻きつく 透きとおったワイン色のゴブレット  杯にはきれいなレース模様  イタリアのヴェネチアで19世紀末につくられたそうです  箱根ガラスの森美術館の「レースとレースガラス展」の 出口ふきんに、それはひっそりと展示されていました ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/10/09 09:55
ワニと龍 龍の起源は?B & リーフィー・シー・ドラゴン 
ワニと龍 龍の起源は?B & リーフィー・シー・ドラゴン  私にとって思い出のドラゴンといえば、 リーフィー・シー・ドラゴン(Leafy Sea Dragon)です。 ね、ステキでしょ? リーフィー( leafy )とは、 「葉が茂った」という意味です。  オーストラリア南部の海に生息しています。 タツノオトシゴに似ていますが、 ヨウジウオ亜科に分類される魚です! 体長は20cm-40cm。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/12/11 21:18
狩野探幽 雲龍図 京都・妙心寺 龍の起源は?A 
狩野探幽 雲龍図 京都・妙心寺 龍の起源は?A  秋も深まってまいりました。7月に京都に行ったおり、妙心寺の法堂(はっとう)で狩野探幽の雲龍図を拝見しました。 年の暮れも近くなり今年の夏の話なので、いくらなんでもそろそろ書いておかないと....... 雲龍図をぜひ見たいと思ったのは、07年度JR東海のポスターです。 「そうだ、京都へ行こう」がJR東海が流しているコピー。 このポスターに見とれていた私。 やっと念願がかないました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/01 10:54
箱根 九頭龍(くずりゅう)神社を訪ねて 龍の起源は?@
箱根 九頭龍(くずりゅう)神社を訪ねて 龍の起源は?@ 箱根、芦ノ湖畔にある九頭龍神社(くずりゅうじんじゃ)。 龍神さまを祀る神社として全国にその名をとどろかせています。 九頭龍神社は全国にいくつかあります。 長野県、戸隠にある戸隠神社の奥社境内社、東京、西多摩郡桧原村の九頭龍神社、京都の九頭竜大社なども有名です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/07/13 19:01
明恵 運命の恋  明恵上人 8 最終回
明恵 運命の恋  明恵上人 8  最終回 絵巻の中の一場面。 一人の僧と一人の美女が描かれています。 場所は中国、唐の港町。 男は朝鮮半島にあった新羅(しらぎ)から仏教の勉強にやってきた、僧の義湘(ぎしょう 625-702)。女は港町の裕福な商家の娘、善妙(ぜんみょう)。 僧の義湘は托鉢(たくはつ)に訪れたのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/08/01 07:36
壇ノ浦に沈んだ草薙剣ミステリー 竜の剣 3
壇ノ浦に沈んだ草薙剣ミステリー 竜の剣 3 安徳天皇を祀る、赤間神宮 下関市HPより    壇ノ浦の海に、安徳天皇入水のおり沈んだ三種の神器の一つ、宝剣、草薙剣(くさなぎのつるぎ)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/03/15 08:17
スサノオの竜退治 草薙剣ミステリー 竜の剣 1
スサノオの竜退治 草薙剣ミステリー 竜の剣 1 スサノオ  「ドラゴンクエスト」の日本における元祖といえば、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の弟、須佐之男命(スサノオノミコト)でしょう。 ドラゴンクエスト(Dragon Quest)とは、「竜の探求」、あるいは「竜を探す冒険」を意味します。   (漢字表記は『古事記』によるもの、以後カタカナ表記に)    スサノオは出雲の国で、民を苦しめていた八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)を倒した竜退治のヒーローです。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

2008/03/10 07:00
子ども向け、龍・ドラゴンの絵本と童話
子ども向け、龍・ドラゴンの絵本と童話  寒くなりました。クリスマスが近づいていますね。今回、竜・ドラゴンに関係する楽しい絵本や物語を紹介いたします。紙面の都合上、ごく一部しか掲載できませんが・・・・読んだなかで、特に面白かったものだけを載せています(すでに本ブログで紹介済みのものは省略)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/12/11 12:33
大和路(興福寺・法隆寺)で見た龍と曼荼羅(マンダラ)
大和路(興福寺・法隆寺)で見た龍と曼荼羅(マンダラ) 11月に奈良に行ったおり、出会った龍と曼荼羅(まんだら)を少しまとめてみました。  あまりにたくさんの仏像や文化財を拝見したため、わけがわからなくなって頭が混乱していますが、印象に残っているものだけを。 楽しんでいただければ幸いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/07 23:11
夢の中の龍
夢の中の龍 横尾忠則 画家。1936年兵庫県生。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/19 20:49
神話にみるドラゴンクエストと竜退治
神話にみるドラゴンクエストと竜退治 石見神楽のヤマタノオロチ  記紀のハイライトの一つ、スサノオによる、オロチ退治に登場する八つの頭と尾のある竜蛇って、どういう存在なんだろう、と考えていました。まさか、あれが実在したとは、いくらなんでも考えられません。    スサノオとヤマタノオロチとの闘いは、古代における大氏族間の抗争を反映したものであるという説があります。たとえば、大和の太陽神を崇拝する氏族(大和王権?アマツ族?)が、出雲地方土着の支配者を倒し、服従させたことを反映しているのではないか?戦いに負けた側を悪者、それも人間で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/13 09:23
古代中国の竜使い A
古代中国の竜使い A   龍あらわる 中華怪有編  西村康彦著      前に、古代中国の伝説の王朝、「夏』の時代にいた龍使い一族「拳竜氏(かんりゅうし)」についてお話したと思います。 最近西村康夫氏の『龍あらわる』を読んだのですが、とにかくこの本、オモシロイ!(中国の歴史が好きな人にはタマラナイのではないかしら)    本書によると、龍をじっさいに見たという記述は、『史記』のみならず、はるか昔、約3500年以上前の甲骨文の中の記録に始まり、その後約一千年にわたりえんえんと各文書に登場するそうです。それらの龍... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/01 08:15
竜使いが古代中国に実在した?! 竜使い@  
竜使いが古代中国に実在した?! 竜使い@   ←巨大な空飛ぶ爬虫類、翼竜(プテロザウルス)は世界各地に生息していたが、龍・ドラゴンの原型ではないだろうか?    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/01 07:35
台北、故宮博物院で龍に出会う
台北、故宮博物院で龍に出会う  台北 国立故宮博物院     八月末、時間がとれたため、二泊三日で台北に行きました。  ホテルに荷物を置くと、まず直行したのが、  世界四大博物館の一つに数えられている国立故宮博物院。  五千年以上にわたる中国のお宝が展示されています。   ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/09 12:25
あなたは龍を見たことがありますか?
あなたは龍を見たことがありますか?  「龍を見た」と、主張する人たちがいます。私の周りにも二人います。一人は、年配の企業経営者の方で、琵琶湖のほとりを行く電車の車窓から、琵琶湖上空を悠然と飛行する金龍を見たそうです。「絶対雲なんかじゃないんです」と強調されていました。     ←湖の上空のたなびく雲。 まるで、龍が飛んでいるかのよう                                          ↑空高く昇る雲。天に龍が昇るかのよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/29 18:03
水を司る龍はレインメイカー   春のシンボル−青龍−
水を司る龍はレインメイカー   春のシンボル−青龍−  ←空を駆ける龍のごとき雲。 湧き上がる雲。流れ行く雲。やがて雲は城のように高くそびえ、空を一面覆い、雨を呼ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 15:40
豚龍、猪龍の謎 −紅山文化ー    
豚龍、猪龍の謎 −紅山文化ー     謎の猪龍  遼寧省で出土 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 11:40
箱根宮ノ下 富士屋ホテルで龍に出会う
箱根宮ノ下 富士屋ホテルで龍に出会う  6月29日に妹と箱根に一泊しました。  沿線にアジサイが美しく咲き乱れる  箱根登山鉄道に乗りました。アジサイは満開!  宿はずっと泊まりたかった、宮ノ下の富士屋ホテル。   あのクラッシックホテルです。 なんと1878年(明治11年)の創業なんだそうです。  チャップリンやヘレン・ケラー、ジョン・レノンなどが宿泊したとか。    ホテルのロビーに通じる階段の赤い欄干に、立派な龍が2頭いました!!   大きな金の龍珠を大切そうに抱えて。   きっと敷地内にある源泉を守ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 20:36
シュレック    Shrek
シュレック     Shrek  SHREK THE THIRD TM & © 2007 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/19 08:15
エラゴン Eragon  竜の出てくる戦記 ( 1)
エラゴン Eragon  竜の出てくる戦記 ( 1) Eragon ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/19 08:15
リーダーの易経 −時の変化の道理を学ぶ−
リーダーの易経 −時の変化の道理を学ぶ−   リーダーの易経―時の変化の道理を学ぶ 竹村 亞希子 著 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/13 13:11

トップへ | みんなの「龍」ブログ

時空を超えて 龍のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる