時空を超えて

アクセスカウンタ

zoom RSS 招き猫神社、浅草・今戸神社は最強の婚活神社 !?    

<<   作成日時 : 2010/10/27 13:37   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

画像大きな招き猫が二匹、社殿の前に座る
浅草の今戸神社。 
最近、婚活神社として脚光を浴びています。
小さな神社にもかかわらず
縁結びの神さまに期待する
若い男女の参拝者がひっきりなしに
やってきます。 ああ 驚いた!

今戸神社の祭神は、
イザナギ(伊弉諾尊)、イザナミ(伊弉冉尊)
ご夫妻の神々にくわえ、八幡神である応神天皇
そして七福神のうちの福禄寿さま

ありがたい神々のご霊験やいかに?

びっくりしたのは、今戸神社の創建が
鎌倉の鶴岡八幡宮の創建と時期を
同じくしていることです。どちらも 1063年。

11世紀の中頃、源頼義・義家父子が
京都の岩清水八幡宮を鎌倉の鶴岡八幡へ
勧請したさい、浅草の今戸へも
一緒に勧請したんだそうです。ああ、知らなかった! 
ダブル・勧請だったんですね! てっきり鶴岡八幡宮は単独で勧請したのだと思っていました。

義家さんとは、あの八幡太郎義家です。なるほど、「八幡」ってついてる!
源義家は、清和天皇を祖とする源氏(河内源氏)の三代目の棟梁。 鎌倉幕府をひらいた頼朝は七代目です。

画像


境内には招き猫が描かれた絵馬がそれはたくさん木にかけられています。裏側には参拝者の真摯な結婚への願いが書かれていましたよ。

画像

そして社務所には招き猫のコレクションが・・・・

画像


画像 お参りにするには、列に並ばなくてはなりません
 私も婚活? いえいえ、娘の将来のために
 早くから手をうっておくのが母親の務め!
 The sooner, the better!!  娘にも参拝させて・・・
 二礼二拍手一礼。 
 このあたりはきちんとしておきましょう! 鬼がのけぞるかな?

 この撫で用の猫ちゃんたちの頭も撫でて・・・

画像

今戸神社、現在「婚活の神」として大変な人気です。 人気の要因は、福を呼ぶという招き猫をラッキー・アイコンにしているのと、祭神が、国産みのイザナギ・イザナミがご夫婦であり、縁結びの神であることにくわえ、じつはこの神社、出会いの場を求める婚活者のための「縁結びの会」を主催しています。 これまで多くのカップルが誕生し、結婚された方も数多くいらっしゃるそうです。 猫ちゃんの霊験?はあなどれませんね! 

画像

画像「縁結び」で有名な神社は
出雲大社をはじめ各地にありますが
今戸神社は、縁結びのために実際に
行動を起こされている神社なんですね! 

結婚難・そして少子化が憂慮される時代に
新たな神社の活動として注目に値するのではないでしょうか?

さて、今戸神社は招き猫発祥の地のひとつにされています。
あれれ? 関東では招き猫発祥といえば、世田谷の豪徳寺ではなかったの? 

じつは「招き猫発祥の地」を名乗るところは日本各地にあります
ここもその一つ。 というのは、江戸時代、浅草の今戸には
今戸焼の窯がありました。今戸焼は、天正年間(1573〜1592)に
始まるとされ、素焼きを主とし、日用雑器・瓦や玩具の人形などが
江戸時代、さかんに作られたそうです。もちろん、招き猫も!!
ほら、歌川広重も今戸にあった窯を描いています。

画像
                   広重の浮世絵「今戸夕照」東都名所尽隅田川八景

画像また今戸神社は、幕末の新撰組、沖田総司の
終焉の地の候補だそうです。

新撰組一番隊組長であった沖田総司(1842−1868)
どこで亡くなったかは、千駄ヶ谷説もあり
微妙ですが、神社には右のような看板が・・・
神社には真新しいお墓もあるんですよ(笑)

ちなみに沖田総司のお墓は港区の専称寺にあります

しかし、今戸で沖田総司がその若い晩年の一時期を
すごしたことは、間違いなく事実のようですね。

このあと隅田川沿いをぶらぶらして
待乳山聖天(まつちやましょうでん)へ寄り
相変わらず超混雑している浅草寺へ向かいました。

このあたりは隅田川の西側でどこからも建設中のスカイ・ツリーがよく見えます。青空を突いて日々伸びています!

画像

待乳山では、イチョウが銀杏をたわわに実らせていました! たくさんのイチョウの木があります。

画像


そして浅草寺。 なんでここはいつもこんなに混んでいるのでしょう? 

画像


画像


画像



画像 浅草寺のとなりの浅草神社では、古式ゆたかに
 神式の結婚式が執り行われていました。 
 
 私、結婚式見るのが好きです(笑) 特に和の結婚式が。
 以前も日光の東照宮や明治神宮で挙式されていた
 花嫁・花婿さんをこっそり眺めていました(覗くな!) 

 浅草神社の花嫁さんは黒内掛けでしたよ!
 それでは最後に、今戸神社の霊験あらたかな招き猫の写真をもう一度!
 Good Luck !
画像


画像
                  秋の深まりとともに、もうすぐ銀杏も黄金色に染まることでしょう!
 

前の記事 聖武天皇と光明皇后の壮大な夢 「東大寺大仏 天平の至宝」展 東京国立博物館 へ

次の記事 2011年公開 シェイクスピア大作「テンペスト」 & 浅田次郎原作「日輪の遺産」へ 

....................................................................................................................................................................................
おまけ

これぞ正真正銘の生きている招き猫 和歌山電鉄 たまスーパー駅長!

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた
招き猫神社、浅草・今戸神社は最強の婚活神社 !?     時空を超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる