時空を超えて

アクセスカウンタ

zoom RSS 「百年の孤独」の味は? 山桃酒、梅酒の季節 ヤマモモの実る頃

<<   作成日時 : 2010/07/04 15:09   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 19

画像早や七夕ですね。よく雨が降ります。 
豪雨にみ舞われた地域の方々
くれぐれもご自愛くださいませ。 
近所の学校のキャンパスのヤマモモ(山桃)の大樹。 
6月末〜7月、赤く輝く実をたわわに実らせます。
宝石のような赤い実にさわると、指が赤く染まります。 
実が熟する頃、剪定と消毒の作業班がやってきます。
作業前に実を振り落とすので、分けていただけます。 
ヤマモモの実は果実酒にすることができます。
今年は梅酒をつくる年(3年に1回)なので
おまけでヤマモモ酒も一緒につくりました。 



画像


ヤマモモの果実を漢方名では楊梅(ようばい)。楊梅は、健胃、整腸作用や消化作用に効果かあるといわれています。 ヤマモモは、中国では新石器時代、7000年前の遺跡から種子が出土しているそうです。わが国でも縄文時代初期の遺跡から出土している、由緒正しき(笑)果実。 公園や学校によく植えられています。地面にこの時期、赤い実が散乱していれば、ヤマモモの可能性大です。
画像


画像  作り方は梅酒と同じです。
   
  実をきれいに洗い、水分をとり、ホワイトリカーに漬けます。 
  ヤマモモ酒の場合は、実を三ヶ月ほどで引き上げます。
  きれいな淡いルビー色の野趣あふれる果実酒ができあがります。
  分量の目安は: 

  ヤマモモ:500g  氷砂糖:250〜300g ホワイトリカー:900mL

  私のふるさとの六甲山系のとある山には、ヤマモモの巨木があります。
  山の神社周辺には、石器時代、青銅器時代、弥生時代の高地集落跡や
  大きな磐座( いわくら)数多くがあり、遺物が多数出土しているので
  神代の昔から生えていたのかもしれませんね。

暑い夏、山に登ったおりは、赤い熟したヤマモモの実をこっそり食べていました。母は「アリがたかっているから食べてはダメ」と禁止していましたが・・ 眼下には、真夏の陽の中で街がけだるく広がり、その先には青い海が光っていました。 甘酸っぱい赤いヤマモモの実、遠い夏の思い出です。

画像
 

そしてヤマモモのあるキャンパスには、梅の木が何本かあり、この時期、青い実が雨にうたれています。もったいないほど地面に実が落ちています。

画像

ええ? 落ちている実を拾って梅酒を作った? まさか! そうしようかとも、チラッと思いましたが・・ちゃんとスーパーで袋入りを買いましたよ! きっと皆さまのお宅でも梅酒を作られたのではないでしょうか。 果実酒の定番中の定番ですから、ブログにわざわざ載せるのは、気が引けますが・・・

画像
画像




画像   梅酒などの果実酒はふつう焼酎(ホワイトリッカーもその一種)に
   漬けこみます。 以前フェンネル・シード(ウイキョウの種)で
   香り高いフェンネル酒をつくったさいは、
   ブランデーに漬け込みました。 
   ですが、日本では、果実酒の基本は焼酎ですね。

   じつは最近、あこがれの焼酎をネットで買いました。 
   「百年の孤独」です。
   価格ドットCOMで調べ、最安値のところから(笑)

    「百年の孤独」は宮崎県の黒木本店の麦焼酎
   原料はすべて国産。 皇太子殿下が愛飲されて
   いるとか。 皇太子様、孤独なんでしょうか? 

画像


画像焼酎「百年の孤独」は、南米コロンビアのノーベル賞作家
ガルシア=マルケスの名著「百年の孤独:Cien Años de Soledad」に
ちなんで命名されました。「百年の孤独」は私のお気に入りの本のひとつ。
魔術的リアリズムが流れる不思議なお話が、砂の中に最後には
消えてゆくマコンド村で展開します。

この小説に魅せられていたのかもしれません。 特に焼酎ファンではないのに
「百年の孤独」なる焼酎だけは、どうしても欲しかったのです。 
まず、名前がロマンチックでしょ? ネーミングの戦略にはまり、ついつい・・
また「孤独」はどんな味がするのか?知りたかったのです。 うちの人は、

「名前だけでそんなもん、買うかぁ〜? ほんまぁ、ようやるわぁ(関西弁)」と
あきれ果てておりましたが、目はしっかりと輝いていましたよ。 
百年のうち八十年分ぐらいは、その胃袋におさまるはずですから。

画像  いただいてみると、なるほど香り高く芳醇です。 
  アルコール40度ですから強い! 透明な淡い琥珀色にかがやく「百年の孤独」。
  
  このところ大変なことばかりだったので、ちょっとぜいたくな焼酎でリフレッシュしました。
  入院していた母が退院し、ほっとしました。血色もよく、またお散歩やガーデニングが
  できるようになるでしょう。 猫は最後の日々を静かにすごしています。
  私はめまいがつづいていたのですが、なんとかおさまり
  検査ではメニエール病ではなかったようです。



雨のなか、満開のアジサイの花があちこちで咲いています。うちの庭では青と白のアジサイが咲きました。

画像


画像


いっぽう、近所の公園ではさまざまな品種のアジサイが咲き誇っています。 梅雨はもうすぐ本番。 
みなさま、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。

画像


画像


画像


画像



雨をテーマにした多くの歌があります。 下の歌は、AKONの「The Rain: 雨」です。 06年の歌。 私はこの曲が好きでよく聴きます。 静かなステキなR&Bです。よろしければお聞きください。 雨粒や竜巻の映像、見とれます。





画像


前の記事へ 鶴岡八幡宮の大銀杏の現在は?源実朝によせて 

次の記事へ はやぶさの帰還 五十嵐香代子・詩の本「Luminare いのちの詩、光の言葉」刊行に寄せて



百年の孤独
新潮社
G. ガルシア=マルケス

ユーザレビュー:
文学は人をからかうた ...
装丁も素晴らしい。こ ...
そんなに名作かねえ  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの方では ヤマモモの木ってあまり見かけないようです。その代りに 子どものころには 桑畑が広がっていて 桑の実が梅雨の時期に色づいて 甘くて美味しくて 学校の行き帰りや 放課後の遊びの合間におやつ代わりに食べたものです。 やっぱり 学校の先生や 親からは 蟻がたかっていたり いろいろで 不衛生だから 食べちゃダメって 怒られたものです。
丸み
2010/07/04 18:34
丸みさん、こんばんは
ヤマモモは暖地の植物のようですね。お住まいのところは少し涼しいのかも。
私も学校の帰り、色々なものを口にしましたよ! ビワとか、ザクロとか。
親や先生が言うことはどこも同じなんだとニンマリしました。コメントありがとうございます。 
☆サファイア
2010/07/04 22:25
サファイアさん こんばんは^^

ヤマモモの実。
今年はまだですけど、何年か前に私も漬けました。
実をいただくべく、近くの公園の大木に登って、
せっせといそしんでると・・・
目の前のマンションのかたたちがたくさん通りかかり
何をしてるのか気になったらしく、のぞいていかれたりして。
「よろしかったらお取りしましょうか〜?」とお声をかけたら
おばあちゃんが大喜びしてくださって
次から次へと集まってきて。。。
何時間も木の上で楽しませていただいたこと、思い出しました♪
気持ちよかったです〜♪

3年に一度とは、
毎年漬けてもまだ足りない私とは大違いですね(汗)
お上品な飲み方でうらやましいです。^^

甘いものの苦手な私は
お砂糖を本当に控えめに作ります。
(単なる、飲むのが好きなダケ・・・ってことでしょうか。)

40度の焼酎、おいしそうですね。
割ったものが苦手な私。
ストレートで少し、という飲み方が大好き。。。

あ、これ以上書くと止まらなくなってしまうので
今日はこのへんで〜!

PS:詩とはまったく違ったイメージで、m(*- -*)mス・スイマセーン

ピュア
URL
2010/07/05 00:33
サファイアさん、こんにちは。
きょうも鬱陶しい天気ですね。ヤマモモの果樹酒の爽やかな彩りに癒されます。
そうですか。わが国では1万数千年もまえの縄文初期の遺跡からヤマモモの種子が見つかっていましたか。驚きです。当時の人たちもヤマモモ酒を作って楽しんでいたかもしれませんね。

紫陽花の花が涼しそうに撮れています! 有難うございました。
minoc
2010/07/05 12:18
ピュアさん、お久しぶりです。
ピュアさんもヤマモモ酒作られたんですね! 実を集めるのけっこう楽しいでしょ? いえ、おばあちゃまたちの分までだと大変だったことでしょう!スーパーで売っている果物で作るのではなく、自分の手で自然の木から採取して作るのってそれだけでワクワクします。昔はみんなそうだったことでしょう!
「百年の孤独」は販売店によってすごく価格に開きがあります。優に三千円くらいの。とてもすばらしい焼酎ですが、最安値だとしても、私はやはり高すぎると思っています。たぶんコレが最初で最後かも。コメントありがとうございます。またのちほどおじゃまします。
☆サファイア
2010/07/05 21:07
minoさん、お久しぶりです。
ヤマモモは縄文時代から食した古い果物のようですね。木からむしったのを食べたり、それで果実酒を作るのは、縄文チックでとても気にいっています。縄文以来のDNAが刺激されるような気分が(笑)
そちらのアイヌ文化に関する格調高いシリーズ、いつも興味深く拝見しております。さまざまな角度から難解なものを、わかりやすく解説してくださり、大変勉強になります。こちらこそ本当にありがとうございます。
☆サファイア
2010/07/05 22:43
サファイアさん、こんにちは。
こちらでは6月になると新鮮な青梅が、山のようにいっぱい農家の露店で売られます。私も昨年初めて梅ドリンク(アルコールは苦手なので氷砂糖と酢を使います。)を作りました。今年は2瓶作って、もう1瓶は空です。蒸し暑い夏は、梅ドリンクが最高!来年はもっといっぱい作らなくては・・・でも、甘くて美味しいのでつい飲みすぎてしまいます。
サファイアさんの家の白いアジサイ、ホントに家のと同じですね!アジサイのアレンジも涼しげで素敵です。久しぶりにサファイアさんの記事が読めて嬉しいです。
MOKO
2010/07/06 16:22
MOKOさん、いろいろありがとうございます。
農家の露店の青梅なら新鮮そのもの!それで作られたんですね。私はいつも梅酒にして酢をつかったドリンクは作ったことがありません。写真に写っていませんが2瓶やはり作りました。みぞれにかけたりもします。青梅を見れば、なにかしら梅のドリンクを作るのが日本人にとって自然ですよね。
でしょ!MOKOさんちと同じだって!白のアジサイは清楚ですね。けっこう好きです。アジサイは品種改良がどんどん進んでいるようですね。新種をよく見かけますから。5月は私にとって鬼門です。毎年お休みしています。
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2010/07/06 22:45
ヤマモモは名前だけは聞いた事があります。
この辺では見かけた事はありません。
地域が限定せれるのでしょうか?
とても可愛い実なんですね
ヤマモモ酒は出来上がりが楽しみですね!
ルビー色になるのも是非見てみたいです。
その時期の果物などで色々作るのは楽しいですね、私も時々作るのですがその度にそう思います。
雨をテーマにした曲は素敵な曲でした。
雨粒は凄く綺麗で、今の時期はジメジメで嫌だと思っていたのですが、雨も悪くないんだなぁと思いました。
虹も綺麗ですね

るんるん
2010/07/08 01:14
るんるんさん、こんばんは
ヤマモモは日本では関東以南の低地や山地に自生するらしいです。コメントいただいたピュアさんは神奈川ですし。四国では、私が採取したのよりもっと立派なのを出荷していると聞いています。るんるんさんのお住まいのところは涼しい地域なのでしょうね。 いつもそちらのブログを拝見して、うらやましく思っています。梅ジャム、すごくおいしいそう! パンもお野菜も。るんるんさのように自家栽培のもので食生活を送るのが理想だと思いますが、るんるんさんからみれば、こちらのスーパーばかりで買う食材は哀れを誘うかも(笑)
AKONはとても才能のあるR&Bのアーティストです。見た目はちょっと怖そうですが、作る曲はすばらしいです。
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2010/07/08 20:40
百年の孤独買われたんですね〜。
Kay
2010/07/09 22:08
kayさん、お久しぶりです。
5月6月とがたついていて、kayさんに「百年の孤独」飲みましたよ!と報告しようと思っていたのですが、遅れっぱなしになりました。焼酎としては、やはり超一流ではないかしら? とてもスキット香り高いです。Kayさんもぜひ。ただお値段が・・たぶんこれで気が済んだので、次回購入はないような気が・・
またのちほど。 コメントありがとうございます。
☆サファイア
2010/07/09 23:15
 こんばんは。お久し振りです、ご無沙汰してて申し訳ありません。
 これが、ヤマモモというのですか。自分が走っている川沿いにとてもたくさん実っていました。道路に実が落ちて、潰してしまい走りづらかったので覚えています。来年は必ず収穫して、ホワイトリカーに漬けこみたいと思います。お酒は弱いのですが、果実酒は体に良さそうなので、ぜひチャレンジしてみたいと思います。

2010/07/10 22:18
吉さん、お久しぶりです。
ヤマモモ、吉さんのお住まいのところにはびっくりするほどあるみたいで、うらやましいです。レモンをスライスしたのを数切れ入れると、より良いようですね。レモンも三ヶ月ほどでヤマモモの実と一緒に引き上げます。ヤマモモ酒のいいところは、材料がタダという点です(笑)。 実はよく熟したのをお使いくださいね。簡単にできますよ。 コメントありがとうございます。 
☆サファイア
2010/07/11 16:23
こんにちは。
サファイアさんがメニエール病ではなかったこと、お母様が退院なさったこと、嬉しく思います。良いお酒を自分に奢っていしまう良い機会だと思います。私も今日検診が終わったので、ケーキを食べました(*^_^*)
そして「百年の孤独」に興味湧いてきました。本の方は、高校生の時に諦めましたが、焼酎なら!!
ヤマモモ、こっそり食べちゃうくらい美味しかったのね。私はヤマモモは知らないのですが、桑の実、グミ、ユスラウメは食べましたよ。
アレンジメントはサファイアさんの作品ですか?素敵です。今年は特にアジサイが美しく見えました。
norako
2010/07/13 17:49
norakoさん、お久しぶりです。
「百年の孤独」、きっとnorakoさんのお口に合いますよ!少し高いですが・・
焼酎はいいのを飲んだことがなかったので今回感心しました。ユスラウメ、私も子供の頃そのあたりのを採って食べていました!赤い実が可愛いですね。皆さん、桑の実を食べていらっしゃいますね。残念なことに食べたことがありません。お花は私のアレンジです。実はフラワー・マンダラなるものを、生のお花で作ろうとしたのですが、ぜんぜんマンダラらしくなく、盛り花になったしだい(恥)フラワー・マンダラを水彩で描くつもりなんですが、まずは生のお花とがんばったところが、この有様です(笑)マンダラを上手に作る人がいるので私もって(笑) 他のマンダラくずれの盛り花がありますのでまた機会があれば載せますね。メニエールじゃなくてほっとしています。ありがとうございます。
☆サファイア
2010/07/13 20:37
Wonderful explanation of facts avaiallbe here.
Candie
URL
2011/07/04 04:11
はじめまして。
最近こちらのブログに行き着き、好きなものの共通点も多くて、少しずつ読ませていただいてます。

私は高知県出身ですが、ヤマモモは高知の県花で、もっと大きなサイズのものもあります。

痛みやすいので出荷には不向きですが、生食も最高、果実酒も大変美味ですよね。

私も若い頃から明恵上人が大好きで、たまに旅に出ると神社仏閣を巡ります。

竜も好きです。
足摺岬のある場所は竜と縁が深いと聞いております。
また、フレディ・マーキュリー妖精男説にはうけてしまいました。大好きですが私も初期の2枚に影響されました。

ブログお休みのようですが復活されることがあれば、またお邪魔させていただきます。
ロザリアン
2011/07/14 14:42
Candie

Thanks!

ロザリアンさん

コメントありがとうございます。忙しくなったためこのブログはお休みしています。 足摺岬が龍に縁が深いとは知りませんでした。教えていただいてありがたく存じます。ステキなコメントに感謝申し上げます。
☆サファイア
2011/07/15 22:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「百年の孤独」の味は? 山桃酒、梅酒の季節 ヤマモモの実る頃 時空を超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる