時空を超えて

アクセスカウンタ

zoom RSS 南房総、天津小湊を訪ねて 日蓮上人ゆかりの誕生寺 ほか

<<   作成日時 : 2010/05/22 18:45   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 12

先日みんなで房総半島のほぼ南端、勝浦のとなり、鴨川市の天津小湊(あまつこみなと)へでかけました。天津小湊は日蓮上人の誕生の地です。ゴールデンウィークはどこにも遠出をしませんでした。せいぜい4月終わりにボストン美術館展をのぞき、五月に映画、「アリス〜」を見に行っただけ。ブログを読んでくれている妹が、展覧会の記事が多すぎて面白くないと申しますので、ボストンの件は後ほど他のとまとめて。 

それでウチも遅ればせながら、海にでも行こうかと。 天津小湊について教えてくれた知り合いは、ゴールデンウィーク、朝4時出発で、勝浦へサーフィンに行ったそうです。勝浦はいい波が来るんだとか。でも朝の4時ねぇ〜〜 それでも道路がものすごく混んでいて大変だったと聞きました。 サーフィンには縁がないウチは、のこのこと一週間ほど遅れて午後から出かけたにもかかわらず、どこもかしこも空いておりました!

画像
            天津小湊の海

画像 日蓮上人は鎌倉時代の中期、1222年
 小湊片海に誕生。 12歳まで小湊で暮らしたそうです。
 ← 誕生寺があり、ここは日蓮宗の大本山の一つだそうです。
 日蓮宗の総本山は静岡県の身延山久遠寺。

 日蓮上人は1260年、「立正安国論」を時の前執権・北条時頼に提出
 その中に、異国からの侵略を受けるだろうとの警鐘を記述します
 日蓮上人が生きた時代は元寇(げんこう):蒙古襲来があった激動期
 蒙古以外にも天変地異、疫病や政治の不穏がつづいていました

 モンゴル帝国(元)は日本の服属を求め、何度も使節団を派遣します
 当時の鎌倉幕府と朝廷にとって日本は神国。 他への服属など論外
 つまり攘夷と防衛あるのみ! 
 そして日蓮上人の警鐘は現実のものとなり、蒙古襲来。
  
 1度目は文永の役(ぶんえいのえき・1274年)
 2度目は弘安の役(こうあんのえき・1281年)

このあたり日本史で暗記させられた年号です。昔の日本史の授業を思い出しながら境内を歩きました。このお寺は元々は上人の生家跡に建てられていましたが、明応7年(1498)、元禄16年(1703)の2度の大地震、大津波の天災にあい、現在の地に移ったんだそうです。 

画像

お寺の周囲は美しい新緑でした。木々は新芽を伸ばし、明るい黄緑から青緑とさまざまな緑が競演していましたよ。

画像
                             祖師堂  弘化3年(1846)建立

境内には日蓮上人の幼い頃の銅像が建っています。美少年です。 日蓮上人の絵を昔どこかの本で見た折は目をかっと見開き、こんなに可愛かったかな?・・・

画像
画像
          日蓮上人画像 Wikipedia より




画像
                    小さな誕生堂が新緑のなかにたたずんでいます

画像
                        仁王門 宝永3年(1706)建立

画像
画像

 面白いのは門前にお土産物屋さんが軒を連ねているのですが、
 どのお店も大きな柑橘類を売っています。ザボン(文旦)かな? 
 何種類かあるようでしたが、私、よくわからなくて・とりあえずザボンを購入。

画像

さて、天津小湊には鯛の浦という水のきれいな湾があります。なぜ「鯛の浦」と言うのかといえば、日蓮上人誕生の折、大小の桜鯛(真鯛)が遠くからこの湾に押し寄せて湾を桜色に染めてお祝い?したという伝承から。 鯛の生息地であるここの鯛は特別天然記念物で、禁漁です。つまり保護されています。湾を一周する遊覧船に乗りました。 

画像

私は海が好きです。人ばかりいるところは苦手です。 船は波頭をあげ、白い航跡を長く引いていきます。船頭さんたちは、背に鯛の絵を描いた粋な半纏を着ています。 以前はグレーのジャンパーだったとか。 この鯛のついた半纏のほうがずっとステキですね!

画像

海の風が心地よく気分爽快です。湾にはたくさんの鯛がいます。さすが禁漁区。ほら見てください、鯛の群れ!

画像

湾内の大弁天島には赤い鳥居が。 天津小湊もふくめ南房総は漁業がさかんです。街には生きているサザエ、イセエビ、キンメダイなどを売る活魚屋さんや小料理屋さんが多くあります。ひじき漁もさかん。 お魚とってもおいしいです! 

画像

海を見ているとついつい夏モードになり、サザンの曲を思い出しました。 たしか90年のヒットだったと思います、 「栞のテーマ」 とてもいい曲です。 古い曲ですが、よろしければお聞きください。




画像 さらに小湊には海岸線にそって
 遊歩道があり、ずっと海岸線を歩けます。
 ゴールデン・ウィークをはずしたおかげで、
 このとおり、誰もおりません。 
 
 のんびりぶらぶらできました。潮の香りに包まれて
 岩場におりてみると海の生物を観察できます。 

 アートみたいでしょ? 波が引いたあとの
 岩礁のプールにはさまざまな生き物が生息しています。

画像
画像

海の水は青く澄んています。

画像


天津小湊は鯛の町です。 鯛のシンボルマークが青空を背景に魚市場の上に。 そしてお土産屋さんには「鯛せんぺい」が山積み。 ハイ、モチロン買いました。 おいしいですよ! また天津小湊は夕陽で有名。 とてもきれいな夕陽と夕景が宿から楽しめました。 ところが、撮影には失敗。 むずかしいです。夕陽を撮るのは。 

画像

画像

翌日勝浦に立ち寄りました。 漁港にはたくさんの漁船が停泊しています。 写真は勝浦の川津港 

画像画像












勝浦には、ゆたかな自然に抱かれて昔ながらの町の風景、そして風情が残っています。いいですね!青むらさきの可憐な「都忘れ」の花がいたるところに咲きみだれていました。

画像

ほっとします。日頃、無機質なコンクリート・ジャングルばかり見ているので、こころの大切な何かが失われるような気がします。昭和の映画に出てきそうな、温かみのある建物のたばこ屋さんと小さな旅館↓

画像
画像

日蓮宗のお寺や浄土宗のお寺が点在しています。植栽の感じから南国風ですね。さまざまな花が咲く南房総。久しぶりにのんびりできました。 

画像
画像


画像


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 天津小湊は温泉です。 泉質:ナトリウム塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩冷鉱泉 
  小湊には大小の宿泊施設があります。鴨川シーワルドなどもすぐ近く。 
  

前の記事 女性が竜退治をする時代? ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」 へ 

次の記事 赤いバラと白いバラ 白バラの祈り 五月、バラの季節に へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しい旅が出来たようで良かったですね!
自然の海、海沿いを歩き海風にあたりとても清々しい気分に誘われます。
静かな街並みもいいですね。そして美味しいお魚。日々慌しい世の中に
居る私たちは、こういう時を過ごせるのは幸せと思います。
鈴蘭
2010/05/23 01:25
鈴蘭さん、ありがとうございます。
本当におっしゃるように、慌しい日々を送っていると、自然ゆたかな海や静けさから遠く離れてしまって、ギスギスした雰囲気や無機質さを通常のものに感じる怖さがあります。きっと何かが失われていくのでしょうね。久しぶりに海へ行けてよかったです。 なんかバランスを取り戻したようで。自然は偉大ですね。 鈴蘭さんの桜の記事、拝見しましたよ! ああ、いいですね!そちらは広々としていて! こちらは人ばかりです(涙)   
☆サファイア
2010/05/23 11:42
サファイアさん、こんにちは。
お写真を眺めているだけでも、楽しいですね。美しい景色。なつかしい町の佇まい。何気ない目線のスナップ。・・・・・・
わたしは絵を描いているせいか、たとえば、赤いポストのあるタバコ屋なんかに、とくに惹かれます。いまはどうか知りませんが、かつては日常の会話が聞かれるところでした。風景から町の話し声が・・・。それが面白くて絵にしてみたいです。そして、子どもころからあった、あの赤いポスト!!
古い看板のかかるこじんまりとした旅館にも食指が動きます。機会があったら、スケッチに行ってみたいものです。
minoc
2010/05/23 14:52
サファイアさん、こんにちは。
久しぶりに大自然を満喫し、美味しいものを食べてパワーアップしたサファイアさんが目に浮かぶようです。海も空も真っ青でなんて綺麗なんでしょう!
以前、会社の職場旅行で鴨川シーワールドと小湊行ったことがあります。勿論
鯛の裏の鯛を船の上から見た時は驚きました!お刺身もお腹いっぱい食べましたよ。また行きたくなりました。房総は温暖で静岡の気候と似ています。花や
柑橘類いっぱい実って住みやすい所だとか。都忘れの薄紫色も本当に可憐ですね。P.S 先日、足利フラワーパークへ藤を見に行ってきました。
MOKO
2010/05/23 15:37
minoさん、こんばんは
そうですね、昔ながらのたたずまいに心惹かれますね。モダンなものより心に訴えてくるものは何なんでしょうか? 娘なんか漁港を初めて見て興奮しておりましたよ!船がたくさんいるって(笑)当たり前なのに。地に足がついた暮らしから離れてしまっているのかもしれません。本当にスケッチに最適の風景がいたるところにありました!! もしお時間があれば足をお運びくださいませ。おいしい煮付けの魚が何気ないお店のランチに出され、いいなぁ!と。人工的なものはすぐ飽きてしまいます。海があり潮風が吹いて、そんな恵みを受けられる方々は幸せですね! コメントありがとうございます。
☆サファイア
2010/05/23 21:08
MOKOさん、こんばんは
小湊に以前いらしたんですね!いいところですよね!お刺身、おいしかったです。シーワールドは前に行ったので今回はパスしました。小学校からも連れていってもらったし。あそこのショーは見ごたえがあります!静岡も温暖ですね。雰囲気が南伊豆に似ているような・・
藤、見にいらしたんですね! 足利パークのはすご〜〜い!記事になるんでしょう?楽しみにしております!あそこの藤には本当にびっくりしました。コメントありがとうございます。
☆サファイア
2010/05/23 21:20
良いお天気に恵まれて良い旅行になったようですね。ゴールデンウィーク中だと 移動に時間がかかるし 人ごみばっかだし。
賑やかなところもいいですけど ふるい町並みは ゆっくりと静かな時間に訪れたいものですものね。
海の写真も穏やかで美しい波の様子 いいですね。また機会があったら 夕日の写真にトライなさってください。
丸み
2010/05/24 15:31
丸みさん、ありがとうございます。夕陽の写真、縦に光の線がドドーッと入り、うまく撮れませんでした。露出の合わし方と聞きましたが、私のデジカメ、むずかしい操作ができないタイプで・・いいカメラが欲しいのですが・・使いこなせそうもなく・・でも今度それなりにがんばってみます。ゴールデンウィークを地域に分けてバラバラにする案があると聞いていますが・・・その方がいいかもしれませんね。 
☆サファイア
2010/05/24 20:37
本当に綺麗な海ですね〜!
水が澄んでるのもそうですけど、この広がる風景、ため息が出ました。
早く夏にならないかな〜というより人々が泳ぎだす前の海が好きです。

今日もたくさ〜んの風景を楽しませていただきました。
ありがとうございます〜♪
ピュア
URL
2010/05/25 13:13
お久しぶりです♪波乗り、わたしもやっていましたよ♪いかにもでしょ(笑)。 地形が変わると、波も変わってしまいます。なので、そうなってしまう前に、一人ででも船に乗り、島などよく行ってました。 といっても、わたしはボディボーダーでした♪日蓮宗は、実家がそうなので、身延山へも行きましたよ♪
モニカ
2010/05/25 18:40
ピュアさん、こちらこそありがとうございます。
もうすぐピュアさんの季節ですね!湘南ほどおしゃれじゃないけれど、昔ながらの風情があり、私、好きですね。海の透明度はバツグン!そうか、ごった返す前の海。ひと気ない浜とかものすごく好きなほうです。貝殻拾いが好きなので。 ここはあまり貝殻なかったですが・・・ 
☆サファイア
2010/05/25 20:14
モニカさん、こんばんは
PCも携帯も壊れたって書いてあったので、心配していましたよ。コメント、つけるの無理なさったんじゃあないかしら? どうか修理からもどってくるまで無理なさらないでね。そうそう、モニカさん、ボディーボーダーでしたね。私なんか一度トライして波にさんざん打ちつけられてそれ以来やっておりません。もしかしたら朝4時から行ってました? サーファーの方はみんな早起きだからびっくりします。ご実家そうだったんですね。日蓮上人の少年像、とても可愛かったですよ!上人に失礼なこと、書いてないでしょうね? 
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2010/05/25 20:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
南房総、天津小湊を訪ねて 日蓮上人ゆかりの誕生寺 ほか 時空を超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる