時空を超えて

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根 九頭龍(くずりゅう)神社を訪ねて 龍の起源は?@

<<   作成日時 : 2009/07/13 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

箱根、芦ノ湖畔にある九頭龍神社(くずりゅうじんじゃ)。 龍神さまを祀る神社として全国にその名をとどろかせています。 九頭龍神社は全国にいくつかあります。 長野県、戸隠にある戸隠神社の奥社境内社、東京、西多摩郡桧原村の九頭龍神社、京都の九頭竜大社なども有名です。

画像


箱根の九頭龍神社は、芦ノ湖畔にある小さなお社が本宮で、箱根神社内にあるお社は、分社です。縁結びの神様としてご霊験が "あらたか" だとききます。

先日、お参りしてきました。 プリンスホテルの敷地内からえんえんと小道がつづいています。 朝早く行ったので、人影はほかになし。 昼なお暗い道をホテルからだと約30分以上歩きます。 湖尻から歩くと少し近いそうですが。

画像画像  




















九頭龍神社は、毎月13日が月次祭 (つきなみさい)で、神事がとり行われます。 近隣のみならず、全国から大変な数の参拝者で小さなお社はあふれかえるそうです。 その時は船が出て、本宮の桟橋に着きます。
6月13日は大祭です。 ツアーも組まれているそうですよ。 社内には弁天さまも祀られています。

さて、小さな本宮は静まりかえり、鳥が啼いていました。 神事を見ることができなくて、残念でしたが、神社は私たちだけの貸切状態。 清涼な気がたちこめていました。 桟橋からは、湖にたつ小さな朱の鳥居を間近に見ることができます。 湖水にさざ波が広がるだけの静寂。 龍さんのウロコが光るという人もいます(笑)。 早朝に参拝した甲斐がありました。 帰り道で参拝される方をかなり見かけましたから。  

画像


ところで、ここに龍神さまが祀られているご由緒は、つぎのようなものです。龍神伝説とも言えるものですが・・・・・

その昔、芦ノ湖に棲む九頭の毒龍が、しばしば雲を呼び、波を起こして荒れ狂い、里人たちを苦しめていました。
その頃、霊山、駒ケ岳に修行されていた萬巻上人(まんがんしょうにん)は、里人を救おうと決意します。上人は、湖水に祭壇をもうけ、参籠(さんろう)、祈誓(きせい)します。 そしてついに法力をもって、毒龍を調伏(ちょうぶく)。悔い改めた九頭龍は、仏に帰依(きえ)したので、上人は、龍神として、手厚くお祀りしました。 毎年、箱根神社でとりおこなわれる「湖水祭」は、その伝統祭祀です。

画像

萬巻上人は、奈良時代初期の実在の僧です。古代より山岳信仰の聖地であった箱根山の主峰、駒ケ岳。 
約2400年前より、神山として人々の崇敬をあつめていたそうです。 萬巻上人は、現在の箱根神社の地に、里宮を建て、仏教、とりわけ修験道と習合しました。 

皆さん、この龍神伝説、どう思われますか? 湖には龍が棲んでいると? ある霊能者の方がこの九頭龍神社の気というかエネルギー(?)の強さに言及されていらい、参拝者が急増し、今では、例祭には押すな押すなの人出だそうです。 全国からですよ!

画像


龍とはいったい何であるか?についてはさまざまな考察があります。龍の起源についてもいろいろな説があります。
その中のひとつに、人の生命線である水を司る存在として、古代中国で生み出された、という有力説があります。

水蒸気が発生し、雲が湧き、渦巻き、立ち昇り、雨雲となり、雨が降るという自然現象。 強風をともない、暗い空に走る「稲妻」、とどろく「雷鳴」。 とくに稲妻や雷鳴は古代の人々に強烈な印象をあたえたことでしょう。 自然の現象に畏怖をいだき、その中から龍という創造の動物を作り上げ、崇拝してきた、という説です。

画像
清朝 官服 一部 陽明文庫(京都)蔵

上の説、分かるような気がします。 夕食をホテルでとっていたおり、湖面を幾筋もの巨大な雲が渦巻き、強風に流されていきました。芦ノ湖は、梅雨前線が停滞しているときは、濃い霧が発生します。 霧が風で渦巻き、まるでそれは、幾つもの頭をもつ、巨大な龍が勇壮に空に向かって昇っていくようでした。  食事中で写真が撮れなかったのですが、朝、まだ昨夕の印象的な雲が残っているかな?と見てみると、霧はほぼ晴れていました。 けれど幸い、ちょこっと残っていました。 写真中央の対岸の山を、赤ちゃん龍のような雲が昇っているでしょ?

画像


どれだけその霧がすごかったというと、1m先も見えません。 下の写真は、霧の発生時に箱根神社で撮ったものです。 地元の方が霧で迷子になられて、捜索のための放送が流れていました。 芦ノ湖あたりでは、こうした気候が梅雨時はずっと続くのだそうです。 もちろん、ロープウェーも遊覧船もお休みです。

画像画像












画像


また、九頭龍神社の例祭のおり、龍が見えると主張される敏感な方(?)もいらっしゃいます。龍さんが空から舞い降りてくるのが見えたり、湖水を泳いでいるのが見えるんだそうですよ。 皆さん、上の写真の湖面から、なにか気配を感じますか? 大昔、雲を呼び、波を起こして荒れ狂って里人を困らせたすえに、萬巻上人に調伏されて改心し、その後、神として祀られ、湖を守る善龍になった九頭龍さん。 今は、縁結びの神様です。 そうそう、道真公や将門公も、その怨念から祟るとされ、いつしか神様として大切に祀られています。 

で、あまり関係はないけど、参拝したあとにちょっと思いました。 1985年の阪神タイガース優勝のおり、ファンによって道頓堀川に投げ込まれた、ケンタッキー・フライドチキンのカーネル・サンダースの人形。 今年、24年ぶりに引き上げられました。 カーネルさんの呪いゆえか、虎さん18年間優勝できなかったとささやかれています。 今年も下位に低迷。 呪いはいまだにつづいているんじゃないかしら? 甲子園球場にちゃんとお祀りすれば、九頭龍さんのように、守護神になってもらえるんじゃないのかな? と変なことを考えました。

画像
東海道五十三次 箱根 歌川広重


箱根九頭龍神社に関していわゆるスピリチュアル系で興味をお持ちの方にはつぎのサイトで、参拝の仕方など詳しく説明されています。 箱根 九頭龍神社


関連記事 狩野探幽 雲龍図 妙心寺 龍の起源は? A へ

前の記事 日本の心がここにある「剣岳 点の記」 

次の記事 箱根彫刻の森美術館 ヘンリー・ムーアの彫刻は安全なの?





[ご当地キティ]箱根限定・龍神お守りマスコット根付け
携帯グッズ専門店のストラップヤ!
コレクターさん超必見!!あなたはいくつ集められる?ご当地 ハローキティストラップ 地域限定レアキティ

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
サファイアさん こんにちは。
前にも書いたと思いますけど
日本の風景には朱が本当によく似合いますね。
たたずまいが静かであればあるほど際立つように思えます。
緑深い場所でこのような光景に出会うと
ついついお祈りをしてしまいますね。

小さい頃、タツノオトシゴはリュウの赤ちゃんだと思い
怖くて近寄れなかったことを思い出しました。。。笑
ピュア
URL
2009/07/14 17:15
ピュアさん、こんばんは。たしかに朱は似合います。山の緑に朱の鳥居。心が安らぎますね。 水の中にある鳥居は、趣がありました。

湖面にさざ波がウロコ状に光り、やっぱり龍さんいたのかしら?
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/07/14 20:28
すてきな景勝地にめぐまれた神社ですね。
竹林の写真が、爽やかです。竹って、こうして見ると、涼しさをふくんでいて、夏向きですよね。
マクドナルドのおじさん人形のたたりで、阪神低迷というお話、面白かったです。
「農家の便り」へのコメント、有難うございました。
盛夏の折から、お体を大切に!
minoc
2009/07/15 23:58
minocさん、おはようございます。
梅雨明けして暑くなりましたね。
竹林はなかなかきれいでした。

どうやら祟りはいまだ続いているようですね。というか、成績が悪いのを、その祟りのせいにしているだけなんでしょうか...(笑)

暑さますます厳しいおりからご自愛くださいませ。
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/07/16 07:55
サファイアさん、こんにちは。
霧に包まれた芦ノ湖、赤ちゃん龍のような雲、なんともミステリアスで、今日の記事にとっても似合っていますね。若かりしころ、芦ノ湖畔のホテルで新入社員研修を受け、毎朝湖畔をジョギングしました。(プリンスホテルのような高級なところではありませんでしたが・)家族でも一度行って、芦ノ湖のバイキングっていう遊覧船に乗ったことを思い出しました。

今週は、本当に暑い日が続きましたね。私は早くも夏バテ気味です。
サファイアさんもお身体に気をつけてくださいね。

MOKO
2009/07/17 12:21
MOKOさん、こんばんは。新入社員研修、箱根だったんですね。ジョギングに最適な道がたくさんあります。 プリンスは、最近は家族向けのカジュアルホテルになっています。昔はどうだったんでしょう? 家族向けだけでなく、犬同伴用の施設もつくっていて、ワンちゃんも宿泊できるんです。
雨は降らなかったのですが、湖あたりはものすごい霧で、娘はそうしたのをはじめて見たので騒いでおりました。 コメントありがとうございます。 暑い毎日ですので、ご自愛ください。
☆サファイア
2009/07/17 20:08
☆サファイアさん、いつも素敵な写真楽しみにしています。

今回も旅した気分になりました!
暑い日が続きますが、眺めていると
何だか涼しく感じました☆
Kay
URL
2009/07/17 20:46
kayさん、こんばんは。 ありがとうございます。
写真はフジのFinePixで撮っているので、あまりうまく撮れません。もっとましなのが欲しいのですが・・・・
暑さに向かいますおりから、ご自愛ください。
☆サファイア
2009/07/17 23:25
こんにちわ サファイアさん
箱根、芦ノ湖の旅は楽しかったようですね。
サファイアさんの手にかかるとつい見過ごし
がちな事柄も見事に衝撃的な主題になるから
不思議です。いつもながら、流石  おOOさんです。
 箱根は新春駅伝中継で見るのですが、まだ1度も
行ったことがありません。機会があったらぜひ
訪れたいところです。
 前にサファイアさんの英語版アドレスが載っていましたが
記録を失念してしまいました。もしよければ、もう一度
UPをお願いします。
 英語は得意ではありませんが、world cultureにも興味
があり、よく外国ブログにアクセスします。サファイアさんの日本紹介を
貼り付けたいと思います。
  という訳で宜しくお願いします。

                        サザンエース
 
サザンエース
2009/07/24 10:25
小さな龍に見えますね(*^_^*)きっと霧が発生するのも、曖昧さを残すことができて、龍たちには住みやすいのかもしれません。
箱根の九頭龍神社、以前通りかかった折、興味が引かれたのですが、もう夕方だったので、行かなかったのです。そんなに人気者になってしまったなんて。もっと早くに訪れるべきでした。なにしろ、子どもの時から、神社はちょっと怖かった。ましてや夕方以降、前を通るときは急ぎ足になったものです。にも関わらず、神社好きですが。
今回も興味深い記事をありがとうございました。
あ、私もサファイアさんの英語のブログのアドレス、知りたいです。
よろしくお願いします。
norako
2009/07/24 11:14
サザンエースさん、こんにちは。
箱根はバラエティーに富んでいて、飽きません。雨が降っても美術館がいいのがたくさんあるので、そこに行けばいいし・・・きっと奥様、ラリック美術館なんかお好きだと思います。すばらしいラリックのアール・ヌーボーやデコの宝飾品や作品が展示されています。「彫刻の森」は一度では見きれないほど充実しています。機会があればぜひ。
英語のほうのはトップページに貼りました。 あちらは、記事も短く(書くのがやはり疲れます(笑)、写真は使いまわしが多いので恥ずかしいです。 間違っているところはぜひ教えてくださいね。 日本語の漢字や読みもしょっちゅう間違えているので・・・・
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/07/24 16:41
norakoさん、こんにちは。 九頭龍神社は夕方にいらっしゃらなくて良かったと思います。なんせ朝や昼でも道も社殿も暗いのです!! 神社はお昼までに参拝したほうがよいと、聞いていますから。 私たちが行った翌日が大祭(?)か例祭だったようで、周囲の宿泊施設は満杯だったようです。 大挙して、あの可愛い神社に人が押し寄せると聞いています。
英語のほうは、トップページにURLを一応載せました。 去年の記事の使いまわしすらあるので、超はずかしいです。 きっとnorakoさん、大笑いなさるでしょう! 変な表現があるとおもいますので、またぜひ教えてくださいね。
コメントありがとうございます。
☆サファイア
2009/07/24 16:56
箱根 九頭龍(くずりゅう)神社を訪ねて 龍の起源は?@ 時空を超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる