時空を超えて

アクセスカウンタ

zoom RSS マヤ暦 2012年テーマの映画、続々製作へ SF超大作2本も!

<<   作成日時 : 2008/10/03 11:14   >>

驚いた ブログ気持玉 33 / トラックバック 1 / コメント 12

画像マヤ暦が終わるという2012年12月。 古代のマヤ人が使っていた暦が12年12月のある日で途絶えているからといって、それがどうしたって言うの? ←が一般的な感想でしょう。 ところが、地球が滅亡する、大災害が起こる、次元がアセンションする、と信じている人たちもいますよ。 トンデモナイ? 地球の終末を待望している人すらいますね。

たぶん来年半ばから、日本でもその話題で騒がしくなりそうです。なぜなら、マヤ暦をテーマにしたハリウッドのSF超大作の上映が次々とはじまるからです。 現在、2012年関連のサイトが、雨後のタケノコのように増殖中。
ハイ、この記事もその仲間かもしれません(笑)  本屋さんには2012年本が山積み。

たしかに2012年に向けてドドーッとすごく大きな動きがあります。 巨額のお金の流れが。 アメリカ、ハリウッドでは、巨費を投じて2012年関連の大作の製作に続々入っています。少しご紹介いたしましょう。


@ 「アルマゲドン Armageddon 」を大ヒットさせたマイケル・ベイ監督による巨費を投じての2010年公開予定の↓クリックすると予告編へ

2012 The War for the Souls  ザ・ウォー・フォー・ソウルズ 邦題はまだ未定 


画像 ←「2012 The War for the Souls」の日本語の訳本です。

 ホイットリー・ストリーバー(著) 安原和見(訳)著 

 今もって謎の多い古代マヤ文明の精華「マヤン・カレンダー」
 2012年12月21日あたりでマヤ暦は終わり・・・
 それは地球に大異変が起こるとの予言なのか?

 黙示録の日が迫る地球では、並行する宇宙から、
 未知の脅威が襲来しつつあった。
 異星人の存在を信じる作家ワイリー・デイルは、
 予言を阻止しようとする (Amazonの説明より)

並行(平行)宇宙にパラレル・ワールド?! WOW!


画像黙示録ねぇ〜〜? 1995年頃からも一度大騒ぎがあったけど・・・ノストラダムスの大予言とやらで・・・・・1999年〜2000年になんか起こりました? ウヒャ〜〜今度はエイリアンも登場するの?

でも面白そうですね。 才能あふれるマイケル・ベイ監督、どんな映画にするのかしら? 

楽しみです。だって、私、この映画、見に行くつもりなんですもの(笑) 
ハリウッドにすぐ乗せられるダメな私(恥)            Michael Bay →


1999年の騒ぎの折に、二大SFパニック大作として、「アルマゲドン」VS「ディープ・インパクト」という構図が見られました。 「アルマゲドン」のほうが、だんぜんヒットしましたが・・・エアロスミスの歌うテーマ曲もよかったし・・・

画像 さて来たる、2012年の大騒ぎで上のマイケル・ベイ監督と
 対決するのは、ローランド・エメリッヒ監督です。

 ←Roland Emmerich  

 「インディペンデンス・デイ」「ザ・デイ・アフター・トゥモロー 」「紀元前 1万年」などの
 ヒットを飛ばしつづける大物。そして彼は「ゴジラ GODZILLA」の監督でもあるんです。 
ヤンキース、松井選手じゃないほうの、NYで暴れまくったゴジラ( GODZILLA )です!
 
で、2009年に公開予定のこの映画の題名は、そのものズバリ ↓

         A 2012 

この映画、ソニーが激戦の末、獲得したそうです。気合の入れ方が違いますよ。製作費、2億ドルもかけて作るんだとか ←ソニーはついに頭イカレたのでしょうか?( ソニーさま、お許しを )

画像さて、エメリッヒの「2012」、主演はジョン・キューザックとアマンダ・ピートに決定。 エメリッヒ監督の「2012」は2009年11月に公開、その一年後にマイケル・ベイ監督の「2012年」ものです。

エメリッヒ監督の「2012」はこんなお話らしい?!

イエローストーン国立公園。子供たちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男チャーリー(ウディ・ハレルソン)から“地球の滅亡”が訪れることを知らされる。

さらに、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し限られた人間だけを脱出させる準備に着手しているという。初めは信じなかったジャクソンだったが、ロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し…。そして、アメリカ全土へと拡大する、大地震、大津波、大噴火。

別れた妻・ケイト(アマンダ・ピート)と二人の子供を守るため、ジャクソンは家族と共に巨大船がある地を目指す。しかし、彼ら一家を追うように、未曾有の大天災が次々と地球を呑み込んでいく

予告編 2012


私、エメリッヒ監督の「紀元前1万年 BC10000」のDVDを最近借りて見ました。 

画像映画はそれなりに面白いですよ!アホっぽいですが・・・
この場面、何だと思います? エジプト、ギザのピラミッドの建設現場。マンモスたちが使役されています。

このシーンでは、さすがにうなりました。 ピラミッドの築造をBC10000頃、つまり今から1万2千年前としているのです。 これって、グラハム・ハンコックのベストセラー「神々の指紋」で有名になった説と同じですが・・・ その説を採用していますね。 それにしても氷河期の終わり(紀元前約1万年)、その頃絶滅したマンモスを出してくるとは、じつに絶妙かつ独創的です。

独創的という意味で、エメリッヒ監督の「2012」にも期待していま〜す。 皆さん、笑わないでください、この映画も私、本当は見に行きたくてたまらないんです(←どうしようもない奴 ) SF、基本的に好きですし・・・でもね、二つ見に行くとお金かかるし・・・

阿波踊りの「よしのこ」で、「踊る阿呆(アホウ)に見る阿呆・・・」と謡いますね。 私、つまりは「見る阿呆」です。


画像 ←そして今年08年、アメリカではこの種の映画がすでに公開され、DVDになっています。
 
 @Aの二つの超大作に比べるとかなりマイナー。 評価もいまひとつです。 
 
 2012年映画の真打ちは来年09年、さ来年10年に登場のようですね。

 ←「2012 Dooms Day」 ←クリックするとYoutube 予告編へ


話題騒然のマヤ暦が終わるという 2012年! ハリウッドにとっては一大ビジネスチャンス。出版業界、テレビ業界、さらには音楽業界すら巻き込んで、映画製作にまい進しています。ここに挙げた以外にも、たぶん同じようなマヤ暦関連の映画やテレビ番組が続々製作されることでしょう!そうなれば食傷気味?

現在、グーグルで「2012」と入れると、世界中で2億以上の記事がヒットします 、すごいですね ― エメリッヒ監督はWEB上でのヒット数の多さに驚いて、このテーマで映画化したいと思ったそうです。 

2012年へ向けての大騒ぎ、その始まりは、マヤ暦の終わりにリンクさせた終末予言に着目した一部の人たちが元々存在したのでしょう。 それが本となり、あるいはWEB上でごく少数の人が書き出したほうが早かったかもしれませんが・・・・そうしたものを読み、影響を受けた人たちがWEB上で世界中に広め、さらに映画化されるとブームは頂点に・・・・・という図式が見え隠れするような気もしますが・・・・・ 

そうした媒体に影響され、また絶大なサブリミナル効果ゆえに、知らず知らずのうちに一緒に踊りだす人も?けれど、おいしいマヤ暦モノの賞味期限は2012年12月。 カウントダウンへ向け、熱を帯びる一大マヤ暦ページェント。 そのハイライトとも言うべき、二本の超大作。 けっこう面白そうですね! 

阿波踊りで謡われるように、「踊らな損損・・・」? 私、阿呆だから、かならずや一つは見に行くことでしょう(笑)




関連記事 ■マヤ暦が終わるという話題の2012年とは? ■へ

       ■マヤ文明 クリスタル・スカル(水晶どくろ)の謎■へ  




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


参考

平行宇宙 Wikipedia■へ

パラレル・ワールド Wikipedia■へ

   
   
2012 ザ・ウォー・フォー・ソウルズ
エンターブレイン
ホイットリー・ストリーバー

ユーザレビュー:
着想は悪くないが活か ...
がっかり単なる子供だ ...
読み物としては面白い ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「2012 」もしかしたら現実にありえるかも、大画面で見るべき
「2012」★★★★オススメ ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート出演 ローランド・エメリッヒ監督、158分 、公開:2009-11-21)、アメリカ ...続きを見る
soramove
2009/11/25 07:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなに2012年に向けて、盛り上がっているのですか。。。知らなかった。。。
どんな映画が他に出てくるのか、また映画以外の成り行きも、なんだか楽しみになりました(*^_^*)
ベイ監督の映画は興味津々。
norako
2008/10/04 23:44
おはようございます。盛り上がっているのはこういうのが好きな一部かもしれませんね・・それでカテをスピリチュアルにしています。ただ、こうした超大作がどんどん出てくると、気にしていなかった人たちも、気にするようになるのかしらね? ハリウッドはお金儲けが上手です! でもけっこう面白そうでしょ?ベイ監督の「アルマゲドン」よくできていましたね。今回の映画、タイタニックや「アルマ〜」のようにいいテーマ曲を作って欲しいなあと思っています。 コメントありがとうございます。
サファイア
2008/10/05 09:53
サファイアさん こんにちは。
週末のひととき、いかがお過ごしですか?

古代ものは好きなのですが、マヤ暦のお話は初めて知りました。
2012年。
本当に何かが起こったら・・・と思うと なぜだかわくわくします。
でも、本当はそんなお気楽なことではないのでしょうか?(笑)
ピュア
URL
2008/10/05 11:20
ピュアさま、こんにちは。ハイ、仕事がはかどらなくて、週末もごそごそやっています。私、段取りが悪いのです。古代ものお好きなんですね。
私、超好きです! 2012年、お気楽にいくのがいいのではないでしょうか(笑) そりゃあ何かが起こるかもしれませんが(笑)いずれにせよ、別段騒ぐことないのでは? と思っていますが・・・とか言ってこんな記事書いて騒いでいますね(恥) コメントありがとうございます。
サファイア
2008/10/05 11:59
おはようございます。サファイアさん。2012年、大分前から言われているようですね。恐怖心の芽生えてこない、意識改革を促すものならいいのかなとも思ってますが・・その意識改革って、難しいようでとてもシンプルなのかもしれませんね。つまり自分は生きとし生けるもの、在りとしあるものにーONENESSーひとつの生命に繋がっている、神そのものだったと思い出すこと・・自分が神なら相手も神であり、水も木も動物、火、海、山、地球、星々、すべてに神が宿っていたのだと思い出せば、おのずと愛しさが生まれてきて、感謝せずにはいられなくなります。神は全知全能と言われます、でしたら私達にもあらゆる可能性があるということでしょう。”きっと良くなる!”と前向きに今を生き、否定語は決して語らず、思わず、 あふれるほどの感謝の心をすべてにむけていけば世界は調和し、素敵な地球は晴れて宇宙の仲間入り♪という日を全員で共有できるでしょうね?


織音
2008/10/05 12:14
織音さん、こんにちは。本当にそうですね。自分への反省も含め、思うのですが、自分の食べる、植物、生物、鉱物(塩など)すべてに「感謝」する心が薄れていますね。 オレさま、人間サマ意識が強すぎて、生命(いのち)という大きな営みの中で生かしてもらっていることすら忘れ、恥知らずな行動をとっている側面が、現代人には多いです。「お金」および「モノ」崇拝の意識をどこかで変えなければ、儲かればなんでもいい、食品偽装にせよ、ナンデモありの世界になってしまいます。 そういう意味でのモノに支配される「三次元」にとらわれない意識、私は最先端の物理学がプッシュするのでは?なんて思っているんですよ。 もうその兆候がありますね。おっしゃるように、海、山、木、星とかもっと自然に親しんでその息吹きを感じられるような環境に子供たちをおきたいで〜〜す ←とても大切なことだと思います。織音さんはその点、とても恵まれていらっしゃいますね。 コメントありがとうございます。 
サファイア
2008/10/05 13:32
サファイアさん おはようございます。
マヤ暦2012年をテーマにしたハリウッド映画が製作予定とか。
しっかりチェックさせていただきました。願わくは、自分が
まだ正常な判断力を持っている間に公開されることを期待しています。
「クリスタルスカルの謎」もマヤ文明を題材にしていましたが、ハリウッドの映画界の底流には、マヤがあったのですね。それにしてもハリウッドはすごいですね。一人の監督の才能に2億ドルの巨費をかけ、「時空を超える」位の時間を与えるのですから。
 私も見る阿呆の一人ですが、60歳を超えると千円で封切り映画が
見られ、又、英語の聞き取り練習もできるので風景や雰囲気と共に
楽しんでいます。昨日、リチャード.ギアのロマンチックな「最後の初恋」を見てきました。抽選プレゼントのコーンを持って椅子に座ろうと
したら、躓いてコーンを全部周辺にまき散らかしてしまいました。あわてて拾い集めましたが、ロマンチックな場面で、コーンの匂いが漂ってくるのには、隣席のカップルの皆様方にご迷惑をおかけしました。続く







サザンエース
2008/10/06 11:10
続き
 先週の金曜日に平泉までドライブを楽しみました。さすがに
紅葉にはまだ早く、観光客も少なめです。
昨日、今日の雨で秋色が急速に濃くなりますが、東北の秋色情報を
機会を捉えてup いきたいと思います。そして
忘れてならない秋食欲情報も、、、、。
サザンエース
2008/10/06 11:20
サザンエースさま、こんばんは。「インディ」ご覧になったのですね。ハイ、私も上映会期の一番最後で行ってまいりました。アホッぽいでしたが、楽しめました。見る阿呆に最適でございました(笑)リチャード・ギアの最新作もいらっしゃったとは!羨ましいです。あの映画は何ヶ月か後にDVDになったら、ぜひ借りようと思っています。私の場合、なるべく
レディーズ・デイ(千円)に見に行っております。そうじゃあないと、映画、高すぎます(怒)
最近の映画館、どこも最新鋭の設備で楽しめますね。キャラメル・コーンおいしいです! 映画館で英語のお勉強とは、尊敬いたします!私はボーッと見ているだけですから。けれど、映画は英会話の教材としてとても良い媒体ですね。最近はいろんな映画をベースにした教材が出ていますから。ジョニー・デップ様が出ている映画の教材を買って、勉強しようかなあと考えております。楽しくワクワク勉強できますから。そちらの秋情報、楽しみにしております。コメントありがとうございます。
サファイア
2008/10/06 19:17
PS
サザンエースさま、ハリウッドはほとんどがユダヤ系資本・勢力なんです。古代よりユダヤは「終末予言」の栄えある伝統をもつことから、そうした終末論に関連するテーマを扱うのはごく自然なお家芸みたいなところも、少しはあるのかもしれませんね。それからご紹介されていた、King of Leons! 英チャート、第一位ですね おめでとうございます!新曲、なかなかクールです。
サファイア
2008/10/06 20:00
サファイアさん、こんにちは。
2012年本当に何かが起こるんでしょうか?
ノストラダムスの時もすっかり真に受けて、結局何も
起こりませんでしたが・・。
最近ある本を読んで、その中で「世界中のトップレベル
の科学者、有識者に地球はあとどれくらい存続できるか
と問うたところ、ほとんどがあと50年くらい。」と答えた
そうです。なんだかぞ〜っとしました。
地球自らの環境破壊によるものか、巨大彗星が衝突
するのか、あまりそんなことは考えたくありませんね。
でも・・・・・・映画はとっても気になります!!
映画館には行けないけれど、早くDVDを借りて家で
みたいな!数日前、とてもきれいな月でした。
サファイアさん見ましたか?織音さんがおっしゃて
ましたが、10月は13夜の月がきれいだそうですね。
今年は10月11日だったそうですが、あいにく雲に
隠れてよく見えませんでしたが今日もきれいな
月がみられるかもしれませんね。
MOKO
2008/10/11 14:37
モコさん、「何か起こるぞ〜〜〜!」と思わせぶりなのが、こうした2012年ビジネスに関わる人たちの一つの戦略だと、私には思われますが・・・モチロン、未来のことは誰にもわかりませんね。なんか起こるかも・(笑)予言といえば、マクモおじさんのほうがよく当たるようですね。今回の金融危機もしっかりビンゴでした(2年前に予言)アメリカの銀行が3つ〜4つぐらいに集約されるとも・・・←そんな動きですね。日本が欧米に比べて傷が浅い(まさにビンゴ!)マクモニーグルは千年先の日本列島を透視しているので、とりあえず、2012年は大丈夫じゃあないかしら(笑)けれど、環境破壊や食料不足、水不足、資源の枯渇、それをめぐっての戦争などなどで、世界は本当に大変ですね。ぞっとします。

新作の映画、面白そうでしょ? 私、この手の映画、必ず、引っかかって、見に行くタイプです(ミーハー)。 
ハイ、今確認したら、お月様とてもきれいです!煌々と照っています!
コメントありがとうございます。 
サファイア
2008/10/11 21:03
マヤ暦 2012年テーマの映画、続々製作へ SF超大作2本も!  時空を超えて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる